無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“ルンバじゃなくていい”U3万円で願いを叶える賢いの、見つけました

インテリア

手間をかけずに部屋をきれいにしてくれるロボット掃除機ですが、1万円未満から10万円以上まであって選ぶのが難しいですよね。そこでテストする女性誌「LDK』が、水拭き機能付きも含め、ルンバから格安機まで最新のロボット掃除機8製品の吸引力や使用感などを比較。コスパが良く高機能な、女性目線で選んだおすすめを紹介します!

自動で家中の床掃除をしてくれるロボット掃除機。いろいろなメーカーから販売されていますが、テストする女性誌『LDK』がロボット掃除機についてアンケート調査したところ、使用者の7割以上がロボット掃除機の代名詞メーカー「アイロボット」を使っていることがわかりました。

しかし、掃除機に4万円はかけられないというのが本音。

▼ロボット掃除機購入予算のアンケート結果

※LDK公式Twitterアンケートより

アンケート結果から、「予算をかけず、しっかり吸引して水拭きまでしてくれるロボット掃除機が欲しい」 という人が多いこと判明!

そこで、雑誌『LDK』が水拭きもできるタイプも含め人気のルンバから1万円以下の格安まで8製品を徹底検証してみました。

検証では、最新機種の“進化する”4つのポイントをチェックしました。

自分で掃除機をかけないからこそ、しっかりゴミを吸うことがわかれば安心して任せられます。今回はゴミ3種・床3種を用意。一定面積のフロアを5分走行させ、隅まで掃除するか、ゴミを散らさないかまで大検証しました。

目を離しているうちにエラーで止まるなんてストレスは嫌ですよね。お部屋を想定して家具を置いたり、段差や落下、じゅうたんを乗り越えるかなど細くチェックしました。

アプリで操作することがたくさんありますが、操作画面はメーカーごとそれぞれ。初心者でも動かしやすいかモニターさんと確認! また夜に使ってもうるさくないもの探しました。

付いているならよりうれしい水拭き機能を、水拭き専用ロボットと比較して性能が違うか検証してみました。水拭き性能だけでなく水拭き部品の付け替えや給水の手間もあわせてチェックしています。

▼テストしたロボット掃除機8製品
・DOMO「オートクリーナー」(水拭き)
・Lefant「T800」
・アイライフ「V3s Max」(水拭き)
・Kyvol「Cybovac E31」(水拭き)
・アンカー・ジャパン「Eufy RoboVac G30」
・アイリスオーヤマ「ロボット掃除機」(水拭き)
・エコバックスジャパン「DEEBOT U3」(水拭き)
・アイロボット「ルンバ e5」

今回は、テストで総合評価が上位だったおすすめ3製品のロボット掃除機を紹介します。

Kyvol
Cybovac E31
実勢価格:2万3999円

▼検証結果
吸引力 :A
障害物 :A+
使用感 :A+
水拭き :A+
総合評価:A+

ロボット掃除機8製品中、見事1位に輝いたKyvol「Cybovac E31」。

どのテスト結果も優秀ななか、障害物に対しての“脱出力”が特に目立ちました。水拭き機能付きの中で唯一侵入禁止エリアを作れる磁石テープも付属。留守のお掃除は安心してまかせられます!

▼吸引力のテスト結果詳細
フローリング  :◎+
クッションフロア:△
カーペット   :○
部屋の隅    :◎

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ