無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これがサバ缶!?大注目のサバの缶詰でちょっぴりおしゃれランチ

レシピ

今大注目!さばの缶詰でちょっぴりおしゃれなランチメニュー

調理の手間や、食べにくさから、つい敬遠してしまいがちな魚料理。特に青魚には、栄養がたっぷり詰まっていると知っていても、日々の食事つくりには、なかなか取り入れにくいですよね。

そんな中、最近注目されているのがさばの缶詰。

旬のさばを骨まで食べられるように加工されたさば缶は、おいしさはもちろん、栄養が豊富!
缶を開けるだけで、下ごしらえ不要、調理に使えるのも便利ですよね。

水煮缶を使えば、自分で自由に味付けができ、和洋中ジャンルを問わないので、日々の食事に取り入れやすいです。また、経済的な点もうれしいところ。

今回は、さばの水煮缶を使って、ランチや軽い食事にぴったりのちょっとおしゃれなメニューをご紹介したいと思います。

さばとじゃがいものスープ煮込み

じゃがいもをごろごろ入れたスープ煮込みは、さば缶の汁も丸ごと使うので、うまみがたっぷり!栄養ものがさずとることが出来ます。

材料を入れたら、じゃがいもが柔らかくなるまで煮込むだけで出来上がり。隠し味で入れたお酢は煮込むうちに酸味が消えてコクになり、お好みのハーブを添えれば、香りも、また見た目もぐっとよくなります。

煮てからすぐでなく、少し時間をおいて温め直すと、味がなじんでさらにおいしくなります。

材料(2人分)

・さばの水煮缶 1缶
・じゃがいも 小6個
・たまねぎ 1/2個
・セロリの葉 適量
・水 350cc
・洋風だし(コンソメなど) 1/2個
・酢 小さじ1
・ローリエ 1枚
・お好みのハーブ
・塩・黒胡椒 適量

作り方

① じゃがいもは皮をむき、小さいものならそのまま、大きいものは食べやすく切り、水にさらしておく。

② たまねぎはくし切りにする。

③ 鍋にじゃがいも、たまねぎ、セロリの葉、ローリエ、酢、水を入れ、さばの水煮缶を汁ごと入れ、じゃがいもが柔らかくなるまで煮る。

④ 塩で味を調え、盛り付けて黒胡椒を挽く。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ