無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今年こそ“主役級マフラー”が欲しいんです。長く大事に使うから、憧れの「ジルサンダー」を選んでもいいよね

ファッション

そんな「JIL SANDER+」で特に人気なのが、パッチワークのようにカラーブロックが配された「スカーフ」(税込6万6000円)。

ウールモヘアをぎゅっと編み込んだ、厚みたっぷりのボリューミーな1枚です。ヘムに施されたフリンジディテールも、よくあるストールより太めでインパクトがありますよね。

ちょっと派手に感じるかもしれませんが、暖色と寒色の両方を取り入れた色使いは、さまざまなカラーにマッチしてくれるはず。これをベースにコーデを組みたくなるような、主役級のアイテムです。

@___mmhana / Instagram

同じ素材・フォルムで、無地デザインの「スカーフ」(税込5万9400円)なら、さらに取り入れやすいかも。

こちらの『グレー』のほか、お目立ちカラーの『レッド』もラインナップしています。発色のきれいな2色はどちらも、暗くなりがちな冬コーデのアクセントになること間違いなしですよ。

ぷくぷくフォルム×モードが新鮮。こんなユニークなマフラーはいかが?

@y___lll_ / Instagram

ウール素材の定番マフラーをすでに持っているという方は、こんなユニークなアイテムをチェックしてみて。

「ダウンスカーフ」(税込5万600円)はその名の通り、ダウンジャケットのようなデザインのパッド入りスカーフです。

見るからにあたたかそうなぷくぷくフォルムと、余計なディテールを排したモードなデザインのギャップがたまりません…!

中央の切り込みに一方の先端を通して、さっと首に巻きつけることが可能なので、忙しい朝にも救世主になってくれそう。

@__chii_____16 / Instagram

ちょっと背伸びが必要な、憧れ「JIL SANDER」のマフラー。

来年も再来年もその先も、長く大切に使うことを考えたら、先行投資しておくのもアリかもしれません。

気になる方は、本格的な寒さが訪れる前にゲットしちゃいましょう。

ミラノリブスカーフをBEAMSでチェック
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ