無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[12/6〜12/12の運勢]12月2週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

今週のしし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

裏にまわる

今週のしし座は、あべこべな道行きをあえてゆくような星回り。

スペインの古都グラナダにあるアルハンブラ宮殿のことを、その土地の人たちは「アランブラ宮殿」と呼ぶのだそう。13世紀に建てられたイスラム人の王様の宮殿は、整然とした均衡美を残したまま鎮まりかえっているのですが、詩人の岸田衿子はひとりであちらこちらに出たり入ったりして迷った経験をこんな詩にしています。

「アランブラ宮の壁の/いりくんだつるくさのように
わたしは迷うことが好きだ
出口から入って入り口をさがすことも」

おそらく、真ん中の1節を言いたいがための枕言葉として、アランブラ宮のつるくさ模様は呼び出されたのでしょう。出口を「死」、入り口を「誕生」と考えれば、作者は死から逆に生のほうに進むことだってあるじゃないか、と言いたいのでしょう。または、そういう風にしか生きられない自分のあまのじゃくぶりを、どこか突き放した視点から見ているのかも。あなたも、そんな風に別世界の扉を開けていくべし。

続きはこちらから

今週のおとめ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

終わりの選択

今週のおとめ座は、きちんとみずからの意思を、選択に反映させていこうとするような星回り。

西口と東口がある駅は、日本全国に数えきれないほどありますが、「しぐるゝや駅に西口東口」(安住敦)は、それがまるで運命の分かれ道でさえあるかのように感じさせてくれます。冬の初めに降る、目まぐるしく変わる通り雨である「しぐれ」は、自然界から色を消していきますが、私たち日本人はそこに無常の心と共に美しさを見出す感覚を磨いてきました。

掲句では、そうしたしぐれのなかでさびれゆく景色に、西口と東口とを浮かばせることで、それを単なる日常風景の一部から、出会いと別れの場所へと演出してみせることに成功したのだと言えます。

「花に嵐のたとえもあるさ、さよならだけが人生だ」あなたもまた、いま目の前にある選択肢を真正面から見据えていきたいところです。

続きはこちらから

今週のてんびん座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ