無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「キルティングコート」を今年っぽく着こなす“5つのコツ”

ファッション

ダウンコートより軽めな印象のキルティングコート。おしゃれでラフすぎないアウターですが、ふっくらとした見た目のせいもあってか、着こなし次第で老けて見えてしまうケースも……。そんなキルティングコートをおしゃれに着こなしているコーデを、着こなしのコツと一緒にご説明します。

ホワイトやベージュなどの柔らかい色でまとめると、さわやかで上品な雰囲気になります。
このとき、バッグや靴に黒などを持ってきてしまうと一気に重たくなってしまうので、同系色の柔らかいカラーを合わせて統一感を出すのが正解です。

ホワイトのキルティングコートで抜け感を

wear.jp

ブランド : ITEMS URBANRESEARCH

キルティングコートを代表する色といえば、カーキやブラックですよね。
これらの定番色は一歩間違えれば老けた印象になってしまうこともあるので、注意が必要です。

そんな老け見えを絶対的に回避してくれて、どんなコーディネートにも合わせやすいカラーがホワイトです。
インナーはブラックで引き締めるとクールな印象に、ベージュ系でまとめると柔らかい印象になるので、表現したい雰囲気に合わせて着こなしを変えてみてください。

写真のように、カジュアルなボーダー&甘めスカートにも、ホワイトのアウターなら大人っぽい抜け感を演出してくれます。

***

色選び・合わせるアイテム次第で、すっきりと洗練された印象になれるキルティングコート。
ぜひ、冬コーデの参考にしていただけるとうれしいです。

画像協力:WEAR

WEAR
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ