無料の会員登録をすると
お気に入りができます

新宿駅ナカにオープンした話題のタピオカミルクティースタンド「TP TEA」に行ってみた

おでかけ

今日本では10~20代の女子を中心に、空前の“タピオカミルクティーブーム”が到来中!都内には国内外のティーブランドが続々と出店しています。タピオカミルクティーは、甘さや氷の量などを自分好みにカスタマイズできるのも魅力の1つ。2018年7月にオープンした台湾ティースタンド「TP TEA」では、なんとタピオカのサイズまで選べるのだとか。気になるサイズの比較や、その他の人気商品についてご紹介します♪

台湾直輸入の厳選茶葉を使用、新宿駅構内にできた本格ティースタンド/「TP TEA(ティーピーティー)」

台湾をはじめ、世界各国で250店舗を展開している「春水堂(チュンスイタン)」。タピオカミルクティー発祥のお店として知られ、日本では代官山などに12店舗をかまえています。

その「春水堂」が営むテイクアウト専門店「TP TEA」が、2018年7月JR新宿駅構内にオープン。場所はミライナタワー改札の目の前にあり、これから寒くなる季節も立ち寄りやすい立地です♪

同店では「春水堂」と同様に、茶葉の品質やお茶の作り方にこだわっています。

茶葉は厳選した無農薬のものを台湾から直輸入していて、日本でも本場と同じ味わいが楽しめます。また台湾でも使用されている専用の機械を取り入れ、毎日店頭で煮出すフレッシュなお茶を提供しているのだそうです。

店内には10席ほどのイートインスペースを用意しています。白と黒、木目調をベースにした、カジュアルながらも品のある落ち着いた空間です。

カウンター席にはコンセントもあるので、待ち合わせの時間調整やちょっと足を休めたい時にも◎。

大粒タピオカって、どれだけ大きいの?普通サイズと比べてみた

メニュー表を見ると、ミルクティーの横に “大粒”という気になる文字を発見!タピオカには、大粒サイズと普通サイズの2種類が用意されているのだとか。一体どのくらい大きさが違うのでしょうか?まずは普通サイズの「タピオカミルクティー」(540円)を注文。

コクのある香ばしいティーと、甘さひかえめのミルク。そこにモチモチのタピオカがIN!

タピオカは弾力感を最大限に引き出すため、茹でたあと2度急冷を繰り返すなどの手間ひまをかけているのだそう。さすが老舗のこだわり。

次は「タピオカミルクティー(大粒)」(594円)を注文。おおおっ!たしかに先ほどのものとは、粒の大きさが全然違います!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ