無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「竹ざる」ってこんな使い方があったんだ!取り入れてみたら超万能でした♡

インテリア

“サステナブルな行動”のバトンをつなげていく、リレー連載企画「#TSUNAGU100」。なるべくプラスチックを使わない生活をお届けする「プラなし生活」の古賀陽子さんは、古き良き日本の手仕事「竹ざる」を生活の中で活用されているのだそう。野菜の水切りや食器の収納など、竹ざるの幅広い使用方法をご紹介。

日本の台所道具「竹ざる」を普段使いしたい

野菜の水切りや麺類の器として、昔から日用品として広く活用されてきた「竹ざる」。
軽くて通気性もよく、キッチンツールにぴったりなんです。機能性だけでなく、工芸品としても美しく、さらに自然素材を使用しているため、環境にも優しいのも特徴です。
そんな竹ざるの魅力を普段の生活に生かしてみたいと思いました。

竹は持続可能でエコな素材

竹ざるは、私が住む三重県にある竹細工専門店「阿部久すだれ店」で購入しました。県内ではおそらくここだけになってしまった、明治20年創業の老舗です。

竹は成長が早く、持続可能な自然素材の1つ。しなやかで丈夫なため、プラスチック製のざるのように割れる心配も少なく、とても長く使えます。

日本の伝統産業を守るためにも国産品を購入したい

ここにある竹細工はどれも店主が1人で手作りされていて、老舗料亭で使われる調理道具も制作しているそうです。
材料の竹はなんと自ら刈ってきたもの。材料から全て純国産品なんて、贅沢ですよね。
ただ、時代の流れもあってお店は店主の代で終わり。失われていくものの大きさを直に感じ、ただただ残念な気持ちでいっぱいです。

食器の水切りや食材の収納まで。竹ざるの3つの使い方

竹ざるには様々なサイズや形がありますが、今回購入したのは丸型のざる。
直径は約29.5cm、深さは約8cmほど。食器の水切りや野菜の一時置きに使いたいため、ある程度深さのあるものを選びました。

重さは約130gでとても軽いです。編み目も美しく温かみがあり、懐かしさを感じます。

竹ざるの活用法1:食器の水切り

編み目が適度に詰まっていて、竹自体も水を吸ってくれるので、水切りかごとして使えます。
多少水が漏れるので、ふきんなどを下に敷くといいですよ。
お茶碗サイズの食器が全部で6つほど入りました。わが家では食洗機では洗えない木のお椀やしゃもじ、お箸、洗ったプラスチック容器を乾かすのに重宝しています。
底が丸いのでバランスに気をつけて入れています。使用後、底に水気が残っていたらカビないよう自然乾燥。通気性がいいのですぐに乾きますよ。

竹ざるの活用法2:野菜や果物の一時置き

料理に使う野菜をひとまとめにざるに入れておきます。キッチンにものが溢れず、作業がしやすくて快適。
家庭菜園をされている人なら採った野菜をザルに入れ、そのままキッチンへ運ぶのにも良さそうですね。もちろんそのまま野菜を洗ったり、水切りとしても使えます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ