無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ママ友LINEの心得]気遣いワード、メンション、リプライ、会話の切り上げ…リアルな声からわかった「トラブル回避のコツ」

子育て

ママ友とのトラブルを避けて、よい関係を築いていくために知っておきたいLINEのマナーを紹介します。

誰の親かわかる登録名にしておく

■ママ友で、登録名がママの下の名前だけだと「誰だっけ…」となることが多いので、自分はフルネーム&昔からの友人用に旧姓も入れてにしています。カッコで子どもの名前を入れている人もいます(7歳男の子&3歳女の子のママ)

■アイコンを子どもにするのはちょっと抵抗があるので、プロフィール画面に子どもの写真と名前を入れています。ています。自己紹介文のところに子どもの名前を入れたりしている人も(5歳男の子のママ)

登録名がママの下の名前やニックネームだったり…子どもが年齢を重ねるごとにお付き合いするママ友も増えて「これ誰のママだっけ…」となることもしばしば。相手にそんな不便な思いをさせないよう、ママ友との付き合いが始まるころから登録名を変える人も多いよう。

ちなみに、この問題を解決できる自分のLINE上でのみ表示名を変える方法があります!この方法を使えば「〇〇くんママ」などにしたり、きょうだいがいる場合にどの子のお友だちのママなのかを整理することができます。

LINEみんなの使い方ガイドで手順が説明されているのでぜひチェックしてみてください。

・相手を気遣う言葉を忘れない!
・グループLINEではリプライやメンションを使う!
・だらだらやり取りしないで済む方法を取る!
・誰のママかわかる登録名にしておく

トラブルを避けるために心がけたいこと

続いて、トラブルに発展するかもしれない「これはNG!」というLINEでのふるまいを紹介します。知らず知らずのうちにやっていない!?

大量の通知・未読メッセージは辛い…

■保育園のママ友とのグループLINEでのやり取り。みんな働いているはずなのに昼間に大量のメッセージが届いて、気付いたら未読50件…。一部のママだけが送っていましたが、配慮が欲しいなと思いました(5歳男の子のママ)

■通知件数を無駄に無駄に増やさないように、長くなってもできるだけ1つのコメントに書ききるようにしています(7歳男の子&3歳女の子のママ)

仲の良い友人や、リアルタイムでやり取りしているときに短いメッセージをポンポンやり取りするのは楽しいですが、ママ友同士の連絡では、大量のメッセージを送るのは嫌われることも多いようです。

■基本ですが、深夜とか変な時間には連絡しないようにしています(4歳女の子のママ)

とくに子育て中のママは、子どもの寝かしつけでそのまま寝てしまうなど、朝型・夜型など生活時間はさまざま。寝ているのに通知音で起こしてしまったりしないよう、特に夜の時間帯のメッセージに気をつけている人が多いようです。

会話はタメ語?敬語を使う?

■相手がタメ口でも、こちらからは敬語にするようにしています(タメ口が嫌な人もいるので)(9歳&6歳の女の子のママ)

子どもは同級生でもママたちの年代はさまざま。

「仲良くしているのにいつまでもよそよそしい」と思う人もいれば、「このママ、私より年下っぽいのに敬語使わない」ときになってしまう人も。

対面の会話ではその場の雰囲気で使い分けることができますが、ニュアンスが伝わらないメッセージでは敬語を使うのが無難と考える人も。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ