無料の会員登録をすると
お気に入りができます

予約の取れない家政婦seaさん直伝!山のように増える“大事そうな書類”のかんたん整理術

インテリア

家族が学校などでもらってくるプリントをはじめ、地域のお便り、DM、あとで見たいチラシなど生活していると書類が山のように増えていきます。後で読もうと何気なく平積みしていけば、下の紙が埋もれていき、いつのまにか行方不明……なんてことが起こりがちです。そこで今回は、家事代行マッチングサービス「タスカジ」で大人気の片づけコンサルタントseaさんに、”管理する手間の少ない”書類の整理術を教えていただきました。

教えてくれたのは……seaさん

家事代行マッチングサービス「タスカジ」ハウスキーパー。20年以上家事代行サービスに携わり、今まで6000軒以上の家の片づけをサポート。現在では予約の取れない家政婦と呼ばれ人気を博している。著書に『家じゅうの「めんどくさい」をなくす。』(ダイヤモンド社)、『タスカジ sea さんのリセット 5 分の収納術』(主婦と生活社)がある。

『家じゅうの「めんどくさい」をなくす。』
『タスカジ sea さんのリセット 5 分の収納術』

3段階に書類を分類

たくさんある書類を「管理する」と考えるとめんどくさくなってしまうもの。「書類整理が苦手だと思う人は、できるだけ管理しないためにどうすればいいかを考える方がラクなんです」とseaさんは言います。

かつては、seaさんもカテゴリーごとに細かく分類して、書類用のトレイにそれぞれ保管していたそうですが、管理が大変なうえ、必要な書類が埋もれていくという経験をされたそうです。そしてたどり着いたseaさんのおすすめは、書類を3段階に分ける方法。その段階に応じた収納方法、収納アイテムを紹介していただきました。

1つ目 デイリーチェック書類

seaさん「溜まってきた書類、封書、領収書などの捌き方として、トレイを2段重ねて、未読と既読で分けていく方法があります。その日にチェックする書類を上の段に入れ、順にチェックして必要なくなったものは捨てたり、対応が済んだものは長期保存に移動させたりして、別の場所へ移動させます。
そして次回に先送りするもの、翌日もチェックするものなどを下の段に移していきます。すべての書類が上の段からなくなったら、その日の作業は終了。下の段の書類を再チェック書類として再び上の段に移して、次回の作業に送るという繰り返しです」

未読の書類を上のトレイに溜めて、順にチェックしていく。

確認した書類は、既読書類として下の段のトレイへ。

seaさんが使用しているのは無印良品の書類トレイ。毎日書類をチェックすることが難しいと感じる場合は、2~3日に1回、週に1回という場合もこの方法が使えそうですね。

2つ目 中期保存書類

1~3か月程度は保存しつつ、すぐに見られるようにしておきたい書類は、ざっくりとプロジェクトごとにクリアファイルに入れて、取り出しやすく保存しておきましょう。

seaさんは、棚の右側に横倒しした書類boxを設置しています。斜めカットされている無印良品のboxに書類をいれているそう。

seaさん「新しく保存する書類は、すべて書類boxの左側に挿し込んでいきます。取り出して見返した書類を戻す時も一番左側に挿し込んでいきましょう。そうすると、右側は全然見返すことのなかった書類が溜まっていきます。そうして、boxがパンパンになったタイミングなどで右側のまったく見返さなかった書類から捨てたり、 長期保存へ移動したりして整理していきましょう」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ