無料の会員登録をすると
お気に入りができます

全部制覇したい!京都で話題のスイーツ&チョコレート

グルメ

品よくかわいい京スイーツ

パリジェンヌの旅に、やっぱりスイーツは欠かせません。流行りのスイーツはたくさんあるけれど、食べたいのは丹精こもった真面目なスイーツ。品よく佇む姿も、なんだか愛おしいのです。

〈tubaracafe〉生つばら

1803年創業の老舗和菓子店〈鶴屋 信〉直営のカフェで味わえる「生つばら」。もっちりと柔らかい生地で餡を包んだ本店の代表銘菓「つばらつばら」と同じ生地を用い、餡は最高級の白餡とマスカルポーネチーズをブレンドしてクリーミーにアレンジ。職人が仕立てる上質な餡の美味しさを、スイーツとして軽やかに楽しめる。フレーバーは定番と季節限定を合わせて全5種類。

「生つばら」各¥291~378

敷居が高いと思われがちな和菓子文化をより身近に、という想いから本店の隣にオープン。本店で使用しているものと同じ上質な材料を使ったお菓子を、美しい庭を望みながらコーヒーや紅茶と一緒に堪能して。

京都府京都市上京区西船橋町340-5
075-411-0118
11:30~17:30/火・水 定休

〈ジュヴァンセル〉さがの路

レアチーズケーキの中によもぎと柚子を使った大福餅を閉じ込め、求肥をトッピング。レアチーズの爽やかな酸味と大福餅の上品な甘さが溶け合い、“なめらか”と“もっちり”の食感バランスも絶妙。他では出会えない新感覚の美味しさながら、実は創業から30年以上愛され続けるスイーツ。控えめな甘さに笹の葉が香る繊細な味わいに、京都の風情を感じて。

「さがの路」¥432

伝統が息づく京都らしい感性を、洋菓子に落とし込んだ“京洋菓子”のお店。和と洋それぞれのよさが混ざるスイーツが人気。八坂神社近くの街並みに佇む祇園店は、旅のひと休みにも最適なロケーション。

京都市東山区八坂鳥居前南入清井町482 京ばんビル2F
075-551-1511
9:30~19:00/火 定休(祝日の場合は営業)

〈HOSOO〉かさね色目のマカロン

京都の菓子職人との共作で生まれた、平安時代の女性のきものの配色美“かさね色目”をまとう美しいマカロン。季節ごとに変わるフレーバーと色合いに、四季折々の変化を楽しむ日本らしい感性が注がれる。2月末までのフレーバーは、「椿(よもぎ葉)」「初雪(甘酒)」「松重(黒糖生姜)」の3種。1つ1つに込められたストーリーとともに味わいたい。

「かさね色目のマカロン」各¥440

西陣織の老舗〈細尾〉が手がけるテキスタイルメゾン〈HOSOO〉の旗艦店1階に広がるカフェラウンジ。建物からインテリアまで、伝統工芸の技が息づく贅沢な空間で、スイーツやお茶が楽しめる。

京都府京都市中京区柿本町412
075-221-8888
10:30~18:00/祝祭日 定休

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ