無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[スリコ]"ちょっと難しい…"だから子どもが伸びる!図形感覚を養う新作パズルがコスパ抜群の逸品だった

子育て

3COINS(スリーコインズ)の新作知育おもちゃから、木製の「型はめパズル」を紹介します。遊びながら形を把握していく練習に最適です。

こんにちは、ライターの河瀬みことです。

3歳の娘は、現在パズル遊びがブーム!30ピース程度のイラストパズルに集中して取り組んでいます。

そろそろ少し難易度を上げてもいいかも?と思っていたところ、スリーコインズでちょうどよさそうな「型はめパズル」を発見!

スリコには、最近知育おもちゃの新商品がたくさん入荷していますよね。中でもこのパズルは図形感覚を養ってくれそうで、気になりました!

全15ピースで550円(税込)。木製の土台に書かれている線に合うように、それぞれの立体ピースをはめていくというものです。
対象年齢が3歳以上ということで、ちょうど3歳の娘にピッタリ!さっそくやらせてみることに。

ほどよい手ごたえ感がクセになる!

娘は今までキャライラスト入りの平面的なパズルにしか取り組んでおらず、イラストのヒントがないこの立体的な型はめパズルに、最初は少し戸惑っていました。

さらに各ピースの形も色も似ているものばかり。「う~ん」とうなって、手に取っては別のピースに持ち替えて…を何度か繰り返していました。

あら、ちょっと難しすぎたかしら…?

しかしその「難しさ」が逆に集中力を引き出し、しばらくすると「これはここ!」と将棋の駒を打つように、ぴしっ!ぴしっ!と土台に書かれている通りにピースをはめていけるように。

娘の取り組む様子を見ていて気づいたのですが、この型はめパズルはかたちと同時に、向きも合わせないといけない難しさがあります。

これがふだん遊んでいるイラストパズルとの大きな違いで、イラストパズルならピース同士のイラストがヒントになってはめていけますが、この型はめパズルはそれができません。

「どうやったらこのかたちをはめていけるか」と、ひっくり返したりくるくる回したりして、向きをいろいろ変えて試行錯誤。ピース数はそこまで多くないものの、イラストパズル以上に頭をつかっている様子でした。

そして、できあがったときの達成感!

ひとりで完成できると、「できた!!」と大喜びしていました(^^)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ