無料の会員登録をすると
お気に入りができます

手放して家事が減った!歴5年のミニマリストが捨てて困らなかったモノ5選

インテリア

当たり前に持っているけれど実は、家事を増やしていた、モヤモヤの元になっていた…。そんなモノが身近にあるかもしれません。今回は、家にあるモノをミニマムにしてから、手放しても困らなかったモノ、むしろ暮らしを心地よくしてくれたものについてご紹介します。

4.シンクの三角コーナー

これは真っ先に断捨離したアイテムのひとつ。我が家は賃貸暮らしなのでキッチンがとにかく狭い。シンクに水切りカゴを置くと三角コーナーなんて絶対に邪魔になります。おまけに放っておくとぬめりもつきやすく、置いておくことでかえって不衛生になります。

もう10年以上新聞紙の生ゴミ入れが我が家の定番です。新聞紙は実家や友達から分けてもらってます。

暇なときにちょこちょこ作って、ストックはシンク下にスタンバイ。水分が多いときは2重にして使ってます。

5.バスタオル

これに関しては早々に断捨離してよいものの定番になりつつありますよね。もちろんフカフカの大きなバスタオルにお風呂上がりに包まれる幸せったら他に例えようがないほど気持ちよいですが、でもやっぱり毎日の洗濯のことを考えると乾きにくく嵩張るバスタオルは手放した方がラク。
速乾性の薄手のフェイスタオルを顔、手、体などと用途別に色分けして使用してます。

部屋干しでもすぐに乾くので臭くなりにくく、収納もさほど場所を取りません。

タオルは一年に一度新しいものに入れ替えて、古いものはウエスにしてトイレ掃除や玄関掃除に使用し、しっかり使いきります。

「○○専用」は持たずに、マルチに使えるモノ選びを

今回ご紹介した断捨離アイテムは全て「○○専用」のモノばかりでした。ということは普段の生活の中で1つしか用途のないモノを選ぶのではなくマルチに活躍してくれるモノを選ぶと長く使えるということですね。

スッキリ暮らすためにはただモノを処分するだけでなく、次にモノを購入する際には継続して長く多用途に使用できるモノを選び、責任を持って管理していくことが大切ではないかと思います。

photo / __minimal.ig

__minimal.ig
厳選したものとの暮らしを投稿しているInstagramが人気のミニマリスト。空間も思考もシンプルにする心がけや小さな習慣なども自らの丁寧な言葉で綴られていて、心に響きます。

https://www.instagram.com/__minimal.ig/
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ