無料の会員登録をすると
お気に入りができます

とろ~り餅のお雑煮を食べ比べ!京都の「白味噌雑煮」や香川の「あん餅雑煮」も…東京で食べられる全国のお雑煮7選

おでかけ

日本人のお正月に欠かせない「お雑煮」。一口にお雑煮といっても、お餅の形や具材、だしは何でとっているかなどで、その味は千差万別。地方色が実に色濃く出る料理なのです。家庭によってスタイルが異なるというのも奥深く、おもしろいところ。そんなご当地のお雑煮を、都内で食べられるお店をご紹介します。

鳥取の「小豆雑煮」と岡山の「ぶり雑煮」、ふたつの味を食べ比べ♪/ももてなし家 新橋

新橋駅から歩いて2分ほどの場所にある、鳥取県と岡山県のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」。その2階にあるレストランが、「ビストロカフェ ももてなし家」です。

鳥取県と岡山県の食材を中心としたメニューがいただける同店。2019年1月4日〜14日は、両県のお雑煮を期間限定で味わうことができます。今年で3年目となるお雑煮フェアは、毎年大好評なのだとか。

まずチェックしたいのが、鳥取の「小豆雑煮」(400円)。鳥取県の東部から中部地域でよく食べられている、全国的にも珍しい“甘い”お雑煮です。

小豆の煮汁にやわらかく煮た丸餅が入っているのが特徴で、こちらのお店では、鳥取県日南町産の「ひめのもち」を使用。具材はシンプルに小豆のみなのですが、お餅を囲むようにぎっしりと小豆の粒が入っているから、一杯で大満足!食事というよりは、デザート感覚で楽しめるお雑煮です。

一方、岡山県のお雑煮はブリが主役。「ブリ雑煮」(750円)は、ブリのだしを使ったしょうゆベースのつゆに、岡山県新庄村産の「ひめのもち」を使用。優しく体にしみる味わいです。

ニンジンや大根、青菜など野菜も入っており、シンプルながらも満足できるボリューム感。岡山県では具沢山の雑煮が一般的で、各家庭によっても具材が異なるそうです。

店頭では、鳥取県と岡山県に窯元がある作家の器なども展示されています。食事をしたら、少し買い物がてらのぞいてみるのも楽しそうですね。

隣の県なのに、全く違う味わいのお雑煮たち。友達や仲間と訪れて、食べ比べてみるのもオススメです。

ビストロカフェ ももてなし家

住所:東京都港区新橋1-11-7 新橋センタープレイス2F
電話番号:03-6280-6475
営業時間:11:00〜22:00(L.O.21:00)
定休日:なし
最寄駅:新橋

個性強めな「香川雑煮」と、スタンダードな「愛媛雑煮」。どちらが好み?/かおりひめ

「とっとり・おかやま新橋館」から道路を挟んだ向かい側に位置するのが、香川県と愛媛県のアンテナショップ「香川・愛媛せとうち旬彩館」。こちらも新橋駅から歩いて約2分と、アクセス良好です。

この2階にあるのが、東京にいながらにして瀬戸内の旬の魅力を味わえるレストラン「かおりひめ」。2019年1月4日〜15日の限定メニューとして、香川県と愛媛県のお雑煮をいただくことができます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ