無料の会員登録をすると
お気に入りができます

たった"3つのコツ”で変わる。散らからないリビングにする方法

インテリア

リビングはテレビをみたり食事をしたりと家族で集まる場所。でもモノがあふれていたら居心地悪く感じることも……。そこで今回は、整理収納アドバイザー1級Samiaさんが、リビングを片付けるときに心がけている「散らからない部屋を作るコツ」を教えていただきました。リビングをすっきり片付けたいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

教えてくれたのは……Samiaさん

整理収納アドバイザー1級。家事をラクにするための収納アイデアを発信。
YouTubeチャンネル名:Samia片付け収納チャンネル

Samia片付け収納チャンネル

Instagramアカウント名:samia.housework

samia.housework

散らからないリビングを作るコツ

「隠す収納」は部屋がすっきりと見えますが、モノを出すときも片付けるときも手間がかかります。反対に「オープン収納」にすると片付けはラクですが、見た目がちょっとごちゃごちゃしがちに。性格やライフスタイルに合わせて、この2つのバランスをとることが大切だと私は思います。

わが家では以下の3つを心がけて収納しています。

毎日使うモノは、オープン収納で出し入れしやすく。
ときどき使うモノは、隠す収納ですっきり。
使用頻度が低いモノは、いったん物置に収納する。

これらを元に、詳しくご説明します。

手順1 毎日使うモノを収納する

毎日使うモノは、いかに出し入れしやすくするかが大切なので、まずは毎日使うレギュラーメンバーの選出からはじめました。

テーブルの上

ティッシュやテレビのリモコン、文房具はダイニングテーブルの上を定位位置に。
立ち上がらなくても片手でサッと取れて、すぐに戻せる方法がオススメです。

テーブルの上は日中は散らかっていることも多々ありますが、特にうるさく言いません。ただし、1日1回寝る前に、テーブルの上のものをあるべき場所に戻します。

この「リセットタイム」を習慣にすることで、テーブルの上にモノがたまるのを防いでいます。

身支度のスペース

わたしも娘も身支度はリビングでしているので、テーブルのすぐ近くにIKEAのワゴンを置いて化粧品を収納しました。キャスター付きなのでテーブルの横までラクに移動させられます。

毎日使うモノは1段目と2段目にオープン収納。
化粧品やコットン、綿棒などはカゴにまとめました。
爪切りやリップ、ヘアクリップなどの小物は、行方不明にならないように薬味チューブホルダーに立てています。

www.youtube.com
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ