無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[スリコ]トミカ・プラレール好きっ子がハマる!思考力を養う新作知育玩具「トレーニングシート道路」がめちゃ優秀♡

子育て

スリコの知育玩具「トレーニングシート道路」がかなり優秀!プラレール好きの子どもたちと遊んでみたレポートです。

子どもが好きな乗り物おもちゃといえば、トミカやプラレールが代表的。道路や線路をうまく組み立てることに熱中する子も多いですよね。

そんな"自分の好きなように道路を走らせて遊ぶ"という子どもの欲を満たすおもちゃを3COINS(スリーコインズ)で発見!

330円でわが家では思っていた以上の効果をもたらしてくれたので、紹介しますね。

子どもが黙々と…!「トレーニングシート道路」で遊んでみた

「トレーニングシート道路」はスリコで人気の知育シートシリーズの新商品。布製のシートには穴が2つ空いていて、好きな知育シートを何枚か組み合わせて紐や留め具でページをくくれば、1冊の知育ブックを作ることができます。

この商品はトレーニングシート本体と、12枚の道路のピース、2枚の車のピースのセット。
シート本体には格子状になっている道路と木や家が描かれています。道路とピースにはそれぞれ面ファスナーが付属。直線や曲線、十字路などいろいろな種類のピースを道路に貼ることで、オリジナルのルートを作れるということですね!

これはプラレールやトミカが好きな子どもに、かなり刺さるのではないでしょうか…!?

裏面はこんな感じ。車のピースを置く駐車場やガソリンスタンドがあります。駐車場部分にも面ファスナーがついているので、遊び終わった後には「駐車場に戻ろう!」とお片付けの声かけもしやすいですね。

プラレールを自分で組み立てるのが大好きな、6歳の長男とさっそく遊んでみました!

「いろんな道があるんだね〜」と楽しそうに進めていく長男。ピースを貼ったり、はがしたりしながら、オリジナルのマップを黙々と仕上げていきます。すごい集中力…!

「できた!」完成した道路に車のピースを走らせます。車を走らせていると、道路が途切れてしまっている箇所に気づいた様子。また"ああでもない、こうでもない"と改良を重ねていました。じっくり考えて自分で修正していけるのもいいですね!

そんな兄の様子を隣で見ていた3歳になったばかりの長女。「私もやりたい!」ということで、長男と交代。プラレールは壊す方が得意な彼女ですが、一体どうなるのか…?兄が作った道路をぺりぺりはがしていく姿を見守ります。

「ここでお花屋さんに行って、お花を買うの♪」と楽しそうに話しながら、道路を作って、車を走らせていきます。ちゃんと道ができてる!

自分でストーリーを想像しながら、オリジナルの道路を作ってくれました。思いがけない娘の成長に母は感動…!3歳の女の子でも力を入れることなく、簡単にピースを貼ったりはがしたりできていました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ