無料の会員登録をすると
お気に入りができます

睡眠の質をアップ!翌朝に疲れを残さない人の「ベッドで出来る簡単習慣」

ライフスタイル

深い睡眠を摂るために効果的な就寝前のストレッチ。習慣化することで、身体に嬉しいたくさんのメリットを得ることができるでしょう。そこで、日中に眠気で辛い思いをしている方にもおすすめしたい、良質な深い睡眠を摂るための方法をご紹介します。さっそく今夜からでも実践してみてくださいね。

「寝る前ストレッチ 」を行うことで得られる2つのメリット

就寝前に行うストレッチは、良質な睡眠を摂るために効果的だと言われています。寝る前にストレッチをすることで、睡眠にどのような影響があるのでしょうか。

血流が良化して体の痛みや緊張をほぐせる

眠い時はそのままスッと入眠したいところですよね。しかし、ベッドに入ってからほんの数分間体を動かすだけで血流が良くなり、筋肉の凝りもほぐれていきます。これによりスムーズな深呼吸ができるようになり、力の抜けた状態で快適な睡眠が得られるでしょう。

副交感神経が優位になり、リラックスできる

交感神経は主に体を動かす役割を担っており、逆に副交感神経には体を休ませる働きがあると言われています。これにより、寝る前にストレッチをすることで副交感神経が優位になり、体がリラックスした状態に。ゆっくりと呼吸をしながらストレッチを行うことで、スムーズな入眠へと繋がります。

睡眠前のたった数分間でできる簡単ストレッチ4選

全身のストレッチ

1.まずは仰向けの状態で寝転びます。
2.両手を頭の上に伸ばしてバンザイのポーズ。
3.両手足をしっかりと伸ばして、背伸びの姿勢を30秒ほどキープ。

肩甲骨のストレッチ

1.両肩に両手の指先を乗せます。
2.両肘を後ろ側に回して、肩を起点に20回程度回しながらほぐしましょう。

股関節のストレッチ

1.仰向けで寝転び、.膝を立てて足裏を合わせます。
2.そのまま膝を外側へゆっくりと倒しましょう。
3.無理のない範囲で膝を軽く上下にゆすり、股関節をほぐします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ