無料の会員登録をすると
お気に入りができます

揚げないけど“サクッ”を実現。新感覚のカレーパン『コナとスパイス』は那須高原の新名物になりそう

グルメ

栃木県・那須生まれの新銘菓「バターのいとこ」を手がける「GOOD NEWS」の新作、“揚げずに焼いた”新感覚のスパイスカレーパン「コナとスパイス」が誕生!

バターのいとこ

7月6日(水)栃木県那須高原にオープンする旗艦店にて販売がスタートします。

那須の新名物になりそうな、焼きカレーパン「コナとスパイス」

那須高原にお目見えする「コナとスパイス」(税込399円)は、揚げずにサクッとした食感を実現させた焼きカレーパンです。

ナンのようにもちもちとしたパン生地に、風味豊かなカレーを包んで揚げずに焼くことで、満足感がありながら、油っこくなくヘルシーに食べられるといいます。

メニューは東京・代々木八幡の人気レストラン「PATH」のオーナーシェフ・原太一さんがプロデュース。

11種類のスパイスを効かせたインドカレーはクセになる味と香りはもちろん、規格外の野菜や余ってしまう食材を活かした、地球にもやさしいカレーなのだとか。

パンの生地には、栃木県産の小麦粉「ゆめかおり」が使われていますよ。

辛メ、甘メの2種類が登場!インパクトのあるパッケージも気になる

お店では、スパイシーでありながらココナッツミルクでクリーミーに仕上げた『辛メ』、まろやかで食べやすい『甘メ』の2種類を販売。

お土産には「コナとスパイス 5個入りBOX(冷凍)」(税込1998円)がおすすめです。

パッケージはアーティスト・大竹彩子さんのイラストがインパクト抜群!

大竹さんが描く「味覚だけではなく視覚にも刺激的」な、カラフルなスパイス柄×異国情緒あふれる女性が目印ですよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ