無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「妊娠時に子育てが1番、仕事は2番と決めた」RIKACOさんに聞いた “子育てと自分に起きた変化”

エンタメ

身近に、素敵に歳を重ねている人はいますか? 一年に一度歳を重ねていくことを、ポジティブに捉えられるか、ネガティブな感情になるかで人生の満喫度は大きく変わってきます。最近は、素敵に年齢を重ねている方が増えたことで、歳をとる=ネガティブではなくなってきた印象をうけます。今回は、素敵に年齢を重ねている女性の代表格であるRIKACOさんに、ポジティブに年齢を重ねていける秘訣についてお話を聞きました。前編となる今回は、子育てを機に変化した気持ちについてのお話です。

RIKACO's profile

数々の人気雑誌のモデルとしてのキャリアをスタートさせ、その均整のとれたスタイルと持ち前のセンス、ちょっと手を伸ばせば届く憧れ感というところも、同性のFASIONアイコンとして今も支持を集めている。YouTube「RIKACO LIFE」では“きれいに歳を重ねよう”をテーマに配信中。最新著書に『RIKACO LIFE (美人力PLUS)』がある。

RIKACO LIFE
RIKACO LIFE (美人力PLUS)
www.amazon.co.jp

目の前にある“自分の課題”をポジティブに受け止める

――RIKACOさんが年齢を重ねるときに意識してきたこと、していることを教えてください。

私が年齢を重ねていく中で意識しているのは、「ここを目指していこう」という前向きな気持ちです。20代から30代、30代から40代になるとき、それぞれの節目で、「この先10年どう生きようか。どんな30代にしていこうか」ということを考えながら歳を重ねてきました。

――年齢を重ねることに対して、ネガティブな感情を持ったことはありますか?

ネガティブな感情は全くなかったけど、年齢を重ねていくことをリアルに想像できてはいなかったかな。20代のときに、40代、50代の自分なんて想像がつかなかったし、結婚をして子どもを産むという人生すら考えたことがなかったから。

――結婚や出産を考えたことがなかったというのは意外です。出産は、RIKACOさんにとってどんな出来事でしたか?

私は、28歳で長男、32歳で次男を出産しました。そのことで、“仕事と家庭のバランスをどうとっていくか”ということが私の人生のテーマになったのは大きな変化でした。

――仕事と家庭のバランス。多くの女性が経験する課題ですよね。RIKACOさんは、このテーマをどのように受けとめ、こなされてきたのでしょうか。

人生には、そのとき目の前にある自分の課題というものがあって、私はいつもそれをポジティブに受け止めて生きてきました。だから私は、妊娠をしたときに、子育てが1番、仕事は2番と決めたんです。とにかく子どもをちゃんと育てたいという気持ちが強かったから。

――どんなこともバランス良くこなされそうなので、どちらも同じくらい頑張れそうなイメージがあるですが、1番、2番を決めた理由はなんですか?

どちらも1番なんてことはできないですよ(笑)。「仕事も子育ても頑張る!」と口で言うのは簡単だけど、それは結局両方が中途半端になっちゃうと思って、私は子育てを一番にすることを決めました。でもね、人生っておもしろくて、そう決断した途端に良い仕事のオファーが増えたんです。

――それは、RIKACOさんにとってどんなお仕事だったのですか?

母になって最初に決まった仕事が、長男と共演するカルピスのCMのお仕事でした。そのお仕事を機に、母目線の仕事が増えていったんです。そのとき、自分が信じることを素直にやることが、まわりにも良いバイブスとなって伝わっていくということを経験しました。それからは、より私らしく、そのとき大事にしていることを発信していくということを大切にしてきました。そして、それを続けた結果が今につながっています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ