無料の会員登録をすると
お気に入りができます

必見!子どもが食べやすい[スイカの切り方2種]口の周りベトベト問題もこれで解決!

レシピ

食べやすいうえに口周りが汚れにくい!子育て家庭におすすめしたい2種類のスイカの切り方を紹介します。ホームパーティーやイベントにもぴったりですよ♪

夏と言えば、やっぱりスイカ!甘くてさっぱり、満足感もあるので子どもにも人気ですよね。豪快にかぶりつきたいスイカですが、果汁が手や口の周り、頬につきベトベトになるという悩みも…。

そこで、食べやすいうえに口周りが汚れにくい!画期的なスイカの切り方を2種類紹介します。

1.見た目のインパクト大【スイカバーカット】

縦に放射状に切った小玉スイカを、三角形に切り分けます。

皮の両サイドを切り落とし、持ち手を作れば完成です!

いつもの三角カットにひと手間加えるだけで、子どもウケ抜群のスイカバーに大変身♪
皮の部分を一部分残して落とすことで、横からも食べることができて、断然食べやすくなります!見た目もかわいいのでイベントやパーティーにもおすすめです。

スーパーなどで売られている大玉スイカの1/8カット、もしくは1/4カットでもできますよ。

2.大人数でわいわい食べたい【スティック切り】

スイカ1玉を横半分にカットし、お好みの大きさで格子状に包丁を入れていけば完成です!

一度にかなりの量ができあがるので、大人数で食べる時にぴったり。上からパクパク食べ進めることができ、頬が汚れることもありません。

皮の部分をカットして棒にさしてもいいですね。

子どもはどっちが食べやすい?

4歳の娘と、5歳と2歳のお友達に協力してもらい、どちらの切り方のほうが食べやすいか検証してみました。

2種類並べ、やはり最初に食いついたのは「スイカバーカット」。見た瞬間「わぁ!」と大喜び♪子どもの小さな手でも持ちやすそうです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ