無料の会員登録をすると
お気に入りができます

えっ、ブロックスイカは買っちゃダメ!?[スーパー店員暴露]本当は教えたくない「買うほど損する!4選」

ライフスタイル

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

なにかと値上げの世の中。
少しでも食費を節約するために、なるべくお買い物はお得な食材を選びたいですよね。

そこで今回は、スーパーの青果部で働くヨムーノライターテツさんが教える「損しない!お買い物のコツ」をまとめました。

えっ、ブロックスイカは買っちゃダメ!?本当は教えたくない「スイカのお得な買い方」

この時期スーパーでは、スイカが陳列棚に並び始めています。

暑い夏、キンキンに冷やしたスイカはたまらなくおいしいですよね。スーパーの果物部門でも夏場は売上ランキングトップ3に入ってくるほどスイカは人気な果物です。

そんなスイカですが、1玉売り、1/6カット、ブロックスイカなどお店では様々な売り方をされています。

それぞれコスパが全然違ってくるので「節約するならどのサイズのスイカを買うべきか」を知っておきましょう。

今回は節約につながる、賢くスイカを買う方法を紹介していきますね。

節約するならブロックスイカはNGです!

コスパよくスイカを食べたい方は、ブロックスイカを買うべきではありません。

お店の価格設定次第ではありますが、大抵の場合加工に時間のかかるブロックスイカは人件費を含めた値段になっている場合が多いんです。

スーパー側としては働いている人に時給を払っているので、人件費のかかる商品にはそのぶん利益を乗せて売ることが多いんです。

ブロックスイカのコスパが悪い理由

カットスイカの値段が高いのは、惣菜や刺身が高い理由と同じです。単純に「高い値段でも売れるから」というのもありますが、会社は利益を出さないと存続できないので、手がかかって経費がかかる商品には利益を乗せます。

私のお店では日によりますが、およその利益率として「1玉売り」には20%、「1/8・1/6カット」が28%、「ブロックスイカ」には35~40%、利益を取っています。これはお店によってバラバラだと思いますが一つの指標として参考にしてください。

同じ重さ当たりのお値段を見てみると、

1. 1玉売り

2. 1/8カット・1/6カット

3. ブロックスイカ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ