無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お盆のお供えの仕方とは? 知っておきたいお盆の基本知識とマナー

ライフスタイル

もうすぐお盆を迎えますが、そもそもお盆がどのような行事なのかよくわからないという人もいるのではないでしょうか。お盆は仏教に基づく行事であり、地域ごとに特色があります。

今回は、お盆とともにお盆のお供え物を解説します。意味を理解したうえでお盆を迎えると、これまでは違ったお盆になるのではないでしょうか。

お盆とは

お盆とは、夏に祖先を祀る行事です。仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)に由来しており、古くから大切にされてきました。盂蘭盆会の詳細とともに、地域ごとのお盆の時期について解説します。

盂蘭盆会(うらんぼんえ)

盂蘭盆会は、旧暦の7月15日前後に祖先の死後の幸福を願う行事です。盂蘭盆会の語源は、サンスクリット語の「ウランバナ」だと言われています。

盂蘭盆会では迎え火を焚いたり、お供え物を供えたりします。日本のお盆でも、これらにより祖先の冥福を祈ります。お盆の時期は地域によって異なりますが、ほとんどの地域では8月15日前後に行われています。

お盆の時期
お盆の時期は地域によって異なります。ここでは、各地域のお盆の時期について説明します。

旧盆

日本には旧盆の地域と新盆の地域がある

全国的には、旧盆にあたる8月15日前後にお盆の行事を行っている地域が多いです。8月15日を中日とし、13~16日の4日間をお盆としています。ただし、お盆が8月7日から始まる京都のように、少し時期が異なる地域もあります。

旧暦(太陰太陽暦・天保暦)では、7月13~15日(または16日)がお盆の期間でした。明治時代に新暦(太陽暦・グレゴリオ暦)が採用されたことにより、旧暦のお盆の時期に近い8月15日前後にお盆が行われるようになりました。

旧盆の時期には、地域ごとにさまざまな行事が開催されます。送り火や花火大会などを行っている地域も多いです。

新盆

東京都のほとんどの地域では、新暦の7月15日を中心にお盆を行う新盆となっています。また、神奈川県、北海道、静岡県、石川県の一部も新盆です。

旧盆と新盆のお盆の行事の内容は基本的に同じです。地域による特色は見られるものの、旧盆と新盆という区別によって内容に違いがあるわけではありません。

新盆の時期は七夕と近いため、七夕の行事とお盆の行事を同時に行っている地域もあります。縁日や花火大会などと一緒にお盆の行事が開催されるケースもあります。

沖縄のお盆

沖縄のお盆の時期は、ほかのどの地域とも異なります。沖縄のお盆は旧暦の7月13~15日なので、毎年日にちが変わります。2022年は新暦の8月10~12日にあたります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ