無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[奈良]「みやけ 旧鴻池邸表屋」の上品な和のかき氷。江戸時代の豪商の邸宅でごほうび時間

旅行・おでかけ

並んでも行きたいお店と評判の「みやけ 旧鴻池邸表屋」。実際に行ってみて、なるほど、人気の理由がよくわかりました。旧家のお座敷で、手入れの行き届いた庭の緑を眺めつつ、ひんやりとしたかき氷を食べる贅沢な時間。上質な空間、選りすぐりの素材で作ったかき氷、そして何より心の行き届いた丁寧な接客。「順番待ちをしてでも食べたい」気持ちがわかりました。

住宅街の広大なお屋敷「みやけ 旧鴻池邸表屋」

大阪難波駅から近鉄電車に乗って、生駒の2つ先の富雄駅で降り、そこから8分ほど歩いた場所に目指す店「みやけ 旧鴻池邸表屋」はあります。線路横の道を歩けども、歩けども住宅ばかりで不安になり、ようやく目的地が見えてくると、その敷地の広さに圧倒されます。

江戸時代の豪商、鴻池家の邸宅「旧鴻池邸表屋」は、かつては大阪市今橋にありました。戦後、「大阪美術倶楽部」の会館として使用されていましたが、維持管理の困難さから解体が決まりかけていました。しかし、市民からの惜しむ声を聞いた三宅製餡株式会社の社長が声を上げ、自宅のある奈良に移築したそう。

その広大な建物は、広さ間口約65m、奥行き約36mの表屋造り(おもてやづくり)。道路に面した部分に店舗棟、奥に母家の建物が別々に立ち、両棟の間に中庭を配した大きな町家で、向かいには37台分の駐車場も完備されています。

手前の店舗部分で和菓子を販売、奥の母屋がカフェ棟になっています。

まるでお寺のような堂々とした入り口。靴を脱いで上がります。

広々とした畳のお座敷には100席以上の席が用意されているというにも関わらず、長いときは2時間の待ちが出るというから驚きです。

奥には、鴻池善右衛門家の歴史を伝える資料の一部が展示されています。

特等席はなんといっても窓際でしょう。横並びに座るので、カップルのデートスポットにもよさそう。かき氷を待っていると庭からウグイスの鳴き声が聞こえてきました。

表彰農園のいちご2種類を使った贅沢な「いちごのこおり」

「いちごのこおり」940円 。ほかに「いちごミルク」940円も※数量限定

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ