無料の会員登録をすると
お気に入りができます

菊地亜美インタビュー|「まぁいっか」の魔法で毎日をハッピーに!育児事情をセキララトーク

エンタメ

結婚・出産を経て、より一層パワフルにご活躍中の菊地亜美さん。テレビでのお仕事に加え、YouTube配信や、商品プロデュースなど活動の幅も拡大中!忙しい毎日をいつもチャーミングでいられるのはなぜ…?気になる亜美さんの生活について伺ってみました!

時間が限られている今だから夢中になれることも。気分が落ちている時の対処法は“人と比べない”

――平均的な1日のスケジュールを教えてください。

「遅くても8時には起床、朝ごはんを作って食べて、10時頃に娘を保育園に送っていきます。そして仕事へ。仕事のスケジュールは日によって違いますが、17時に終わるようにマネージャーさんに調整してもらっています。仕事が終わったら、娘のお迎えに行き、帰宅後すぐにごはんを作って夕食です。17時~21時が自分の中で一番忙しいですね。娘が20時~20時30分頃に寝るので、そこからはやっと自分時間です。」

――1日の中で、ワクワクしたり楽しさを感じる最もポジティブな時間はいつですか?

「娘の寝顔と寝起きの顔が大好きで!どんなに忙しくても、娘が寝ちゃったら寝ちゃったで寂しくて、「早く起こしたいね、可愛いね」って夫とよく話しています。何度も寝顔を見に行ってしまうくらい。そんな風に夫と会話をする時間がすごく楽しいです。そして、寝る前の自分の時間はやっぱり大切な時間。大好きな韓国ドラマを観ます!実はこれまで、何かにハマることってなかったんです。今までは全部が自分の時間だったから、やりたいことは何でもできちゃう。でも今は時間が限られているからこそ、その中で楽しめることに夢中になっちゃうんだなと感じます。」

――お子さんの寝顔のエピソードにときめいてしまいました!反対に、1日の中で、最もネガティブな時間はいつですか?気が乗らなかったり落ち着かない時間を教えてください。

「朝は大変ですね。夕方のバタバタも大変ですが、朝は仕事前なので「時間がない!」ってなります。娘がなかなかご飯を食べてくれなかったり、物を投げてきたり(笑)。今、娘が“ちょい”イヤイヤ期なんです。全部イヤって言ったり、日によって好きなものが変わったり。「ママこわ~い」とか言ってきたりするんですよ~。娘に怒ることってまだあまりないんですけどね。そんな娘に対して、「なんでちゃんとやってくれないのっ」って思う時はありますね(笑)。」

――忙しい朝に意思疎通がとれないとツラいですね…。

「そうなんです。夫は育児に協力的なんですけど、朝は仕事ギリギリに起きるんですよ。私は仕事のスタート時間に関わらず朝早く起きなければいけないのに…。「早く起きてよ~!」って思います。それでイライラしたくないけど、ちょっとイライラしちゃう時もあります。」

――そんなネガティブな時間を乗り切るために何か工夫していることはありますか?

「気分が落ちている時とか、自分が負のオーラを発していると感じる時は、SNSなどを見ないようにしています。人と比べるきっかけになることは避けますね。人と比べると負のオーラがもっと増幅すると思っていて。あのご家庭はあんなにママがキラキラしているのにとか、こんなにご飯の品数が多いのにとか、ついつい私なんか…って思っちゃって、どんどん落ち込んじゃうんです。なので、“人と比べない”ことをモットーにしています!自分たちは自分たちって思うようにしています。」

家事・育児は自分が楽しいと思うことを!頑張りすぎないで笑顔でいたほうが良い

――育児の本などもあまり読まないんですよね。

「否定的に読まないのではなくて、娘と向き合っていたら自分でできるかも!と思うんですよ。できない、わからないとなった時だけインターネットで調べたり、育児の本を読んだりして、答えが見つからない時に導いてくれるような使い方をしています。こうしたらこういう子に育つ、みたいなことを実践したのにできなかったら落ち込んじゃいません?なので、育児はこうした方がいい!という情報はあまり見ていないですね。」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ