無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[福島・大内宿]江戸時代へタイムスリップ!レトロな町並みさんぽ

旅行・おでかけ

福島県・南会津エリアの人気スポットといえば、江戸時代に宿場町として栄えた「大内宿(おおうちじゅく)」。茅葺き屋根の民家が立ち並ぶ町並みはまるで昔話の世界のようで、レトロな雰囲気たっぷり!立ち寄りたいオススメスポットのほか、ひと足延ばして行きたい景勝地もご紹介します♪

【大内宿三澤屋】名物グルメで‟朝そば”

「高遠そば」1320円。地粉を使用した十割そばに、契約農家から仕入れた曲がりネギがドンと1本入る

大内宿名物と言えば、ネギがまるまる1本器に乗った「高遠(たかとお)そば」。会津地方に古くから伝わる風習で、子孫繁栄を願って祝いの席などでふるまわれたといいます。

大内宿に点在するそば処のなかでも、今回はテレビや雑誌などで話題の「大内宿三澤屋」にやってきました。1階と2階がある広々とした店内ですが、平日でも11時を過ぎると満席になるほどの人気店なんです。

訪れた日は紅葉シーズン真っただ中。お店は9時30分からオープンしているので、混雑を避けて‟朝そば”を楽しむことにしました♪

長ネギを箸がわりにして食べる一風変わったスタイルは、お店が考案し、今や大内宿の定番として広まったもの。なんとかそばをすくいつつ、途中薬味がわりでネギをかじりながらいただきます(もちろん割り箸をお願いしてもOK!)

つゆは大根おろしのしぼり汁と特製のかえしのみで作られており、あっさりと透き通る味わい。大根おろしとネギの辛みがダブルで利いてきて、口のなかがとってもさっぱり!身体が覚めるような軽やかさで、朝からでもとってもおいしくいただけました。

「身不知柿のシャーベット」550円(通年)

お口直しには店名物のスイーツを。ほかにも郷土料理の一品メニューもあるので、朝からお腹をすかせて福島の味をたっぷり堪能しましょう♪

大内宿三澤屋

おおうちじゅくみさわや

住所: 福島県南会津郡下郷町大内字山本26-1

TEL: 0241-68-2927

営業時間: 9時30分~16時

定休日: 無休(正月三が日以降に数日間休みの可能性あり、変動あり)

【若松屋】和カフェでスイーツを堪能

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ