無料の会員登録をすると
お気に入りができます

iPhoneのロック画面って自動で変えられるの知ってた?「集中モード」を使った裏技があるんだよ

ライフスタイル

決まった画像が表示されるiPhoneのロック画面。

実はある裏技を使うと、指定した時間で、壁紙が自動で切り替わるように設定することができるんです。

お目覚めの時や、学校や仕事から帰宅するお疲れモードの時などに、癒される壁紙へオートマティックに切り替わるようセッティングしてみませんか?

ロック画面の壁紙が、決めた時間になるとパッと変わる

このセッティングに使うのは、iPhoneの「集中モード」。通知アプリを制限したり、ロック画面の表示スタイルを変更できる機能です。

集中モード

うまく使いこなすと、自動で壁紙が切り替えられる便利ツールとして活用できちゃう!

とっても簡単に設定できるので、ぜひ1度試してみてくださいね。

iPhoneの「集中モード」で、壁紙をカスタマイズ設定

まずは、コントロールセンターにある「集中モード」をタップ。

下部の『新規集中モード』へと進みます。

コントロールセンターの他に、ロック画面のカスタマイズ画面や、「設定」アプリからもアクセス可能ですよ。

「集中モード」の作成画面に切り替わったら、『カスタム』を選択。

名称とアイコンを選べたら、下部にある『次へ』を押しましょう。

次に、編集ページにある『画面をカスタマイズ』で、ロック画面を壁紙を選んでください。

『ギャラリー』をタップすると、新しい画像をカメラロールから呼び出すことができます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ