無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイエットに!具だくさんで低糖質な「やせるスープ」を1日1食摂るだけでやせる![管理栄養士監修]

最近食べ過ぎちゃった…という方に太りにくいカラダをつくるポイントが満載の食べるスープレシピをご紹介。具だくさんで低糖質のものばかりで効能もいろいろです。ぜひ1食をこのスープに置き換えてみて!

saitaPULS編集部

グルメ

【代謝アップ】カリフラワーともち麦のしょうがスープ

カリフラワーがほろっとくずれて、やさしい甘みが広がります。もち麦で食べごたえもアップ。

【材料】(2人分)
カリフラワー…1/3個
もち麦…大さじ2
長ねぎ…1本
しょうが(みじん切り)…1かけ

A
水…2と1/2カップ
鶏ガラスープの素…小さじ1

オリーブオイル、塩、粗びき黒こしょう

【作り方】
①カリフラワーは小房に分ける。長ねぎは2cm長さに切る。
②鍋にオリーブオイル小さじ1を中火で熱し、しょうが、もち麦、長ねぎをつやが出るまで炒める。
③A、カリフラワーを加えて煮立て、塩小さじ1/4を加え、弱めの中火で10分ほど煮る。器に盛り、粗びき黒こしょう少々をふる。

<やせPOINT>
たっぷりのしょうがを加えることで、体が内側からポカポカ温まり、エネルギー代謝を高めます。もち麦で水溶性食物繊維がしっかりとれて、おなかもすっきり。

【コレステロールや中性脂肪を下げる】トマトとレタス、もずくのかき玉スープ

さっと火の通る素材を使って、あっという間に完成します。トマトともずくの酸味で、さっぱりと食べられます。

【材料】(2人分)
トマト…小1個
レタス…1/2個
もずく酢(市販)…2パック(140g)

A
水…2カップ
鶏ガラスープの素…小さじ1

卵…1個
ラー油…適量

【作り方】
①トマトは6等分のくし形切りに、レタスはひと口大にちぎる。
②鍋にAを煮立て、もずく酢を加えて再び煮立ったら、レタスとトマトを加える。
③レタスがしんなりしたら、溶きほぐした卵を回し入れ、好みのかたさに火を通す。
器に盛り、ラー油をたらす。

<やせPOINT>
市販のもずく酢を使って、水溶性食物繊維の一種、フコイダンを手軽に補給。コレステロールを低下させる働きがあります。酢にも中性脂肪を増やさない働きが。たっぷりのレタスも食物繊維の供給源に。

【腸内環境を整える】ごろごろ根菜と豆腐の粕汁

カラダがじんわりと温まり、ホッとする味わい。酒粕は温めた煮汁で溶きのばしてから加えます。

【材料】(2人分)
にんじん…1/4本
ごぼう…1/2本
大根…2cm
豆腐(木綿)…1/2丁(150g)
だし汁…2カップ
酒粕…60g
七味唐辛子…少々
みそ、しょうゆ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ