無料の会員登録をすると
お気に入りができます

イスタンブールと気候が同じなのは日本のどの都市?[山本美月のトルコ案内]

旅行・おでかけ

東洋と西洋が融合し、「新しさと懐かしさ」が絶妙なバランスで共存しているエキゾチックな国、トルコ。さぁ、どこに行こう、何をしよう。歴史と文化に触れたい。グルメも気になる。買い物もしたい……そんな山本美月さんのトルコ旅に密着。今回は、ヨーロッパとアジアの交差点として世界中から観光客の絶えないトルコ最大の都市・イスタンブールの基本情報をお届けします!

【知っておきたいイスタンブールの基本情報】

Q.トルコってどこにあるの?

A.ヨーロッパとアジアの中央に位置する国です

正式国名はトルコ共和国。通称トルコと呼ばれ、地理的には世界で唯一、ヨーロッパとアジアのどちらにもまたがって位置する共和国です。東西に長く広がった横長の国で、北側は黒海、南は地中海に面していて、西側に位置する1400万人の人口を誇るイスタンブールは、ギリシャやブルガリアなどの東ヨーロッパに接しています。国土は日本の約2倍ほど。公式の英語表記は「Republic of Turkey」です。

Q.日本との時差はどのくらい?

A.6時間

日本とイスタンブールの時差は6時間。イスタンブールのほうが日本より6時間遅いので、日本が午前6時のときにイスタンブールは午前0時という計算になります。以前、他のヨーロッパ諸国にならって7時間の時差があった時期もありましたが、2016年以降、日本との時差が通年6時間に統一されました。

Q.日本からイスタンブールまで飛行機で何時間くらい?

A.直行便で約12~13時間

日本からイスタンブールまでは、成田国際空港出発のターキッシュエアラインズの直行便を利用するのがオススメ。所要時間は約12〜13時間。ドバイやドイツのフランクフルトなどの中東・ヨーロッパの国を経由する乗り継ぎ便を利用した場合は約20時間かかります。

Q.ベストシーズンはいつ?滞在は何日くらいがオススメ?

A.4~10月で1週間程度の滞在がオススメ!

観光もショッピングも楽しめるイスタンブールと世界遺産のカッパドキアのどちらも回りたいなら、滞在期間はできれば1週間程度は欲しいところ。イスタンブールの観光には2日間程度を予定しておくとよいでしょう。イスタンブールの1年間の平均気温は東京とほぼ同じで、春から秋までの4~10月は特に世界中から観光客が増えるシーズン。湿気と雨が少なく、過ごしやすい季節が続きます。カッパドキアなどの内陸部は真夏でも涼しく快適です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ