無料の会員登録をすると
お気に入りができます

扉を開けたくなるカード vol.7 「totecocoさん」

作品にそっと添えられていることも多い、クリエイターの名刺やショップカード。イベントやお店に出かけて持ち帰ったり、手渡しでいただいたり…と、普段からたくさんのカードを受け取る編集部スタッフが、心に残った1枚をご紹介します。その人に会いたくなるような、作品を覗きたくなるような、お店に足を運びたくなるような…そんな、次の扉を開けたくなるカードがいっぱいです。

DIY

「ペーパ―クイリング」という技法で、およそ紙とは思えぬ立体的で繊細なフォルムを持つブローチやアクセサリ―を生み出し続けるtotecocoさん。そんな作品の魅力がしっかり納められたカードと出会いました。主役は、紙製のネズミさん。作り手のtotecocoさんにお話をうかがいました。

totecoco

「紙だけど、丈夫。紙だから、軽い。」そんな作品を手がける、紙もの作家さん。「minneハンドメイドアワード2018」では、「話題賞」を受賞。

https://minne.com/@totecoco

新調のタイミングで。

紙製のネズミさんがかわいいですね。このカードはいつごろから、使われているものですか?

totecocoさん: 2017年ごろだと思います。きっかけは、SNSをはじめたことでした。SNSアカウントをカードにも掲載したいと思い立ち、どうせなら…と、写真を変えてデザインを一新したんです。ふきだしのデザインで、ネズミが話しているように見えるところがお気に入りです。

「これから、よろしくお願いします」

「主役は、この子」と決めていたんですか?

totecocoさん: この「ネズミのブローチ」は、minneのピックアップ枠にも掲載していただいたことがあったり、ちょっと思い入れのある作品です。ショップカードは「はじめまして」と言いながら渡すものですが、「これから、よろしくお願いします」の意味合いが大きいと思うんです。持ち帰っていただいた方に「あ、そういえばこんな作品つくってる人いたなあ」と思い出していただければ…、そんな思いでデザインしました。

裏面には、たくさんの情報を載せられていますね。

totecocoさん: どうすれば作品を見てもらえるだろう、と検討を重ねました。「わかりやすく」「簡単につながることができる」というのがコンセプトです。たとえば、QRコードをつけて簡単にアクセスできるように工夫していたり、LINEスタンプもデザインをここで展開して「こんなスタンプがありますよ」ということを伝えています。

情報量は多いですが、とてもシンプルにまとめられているので見やすいですね。

totecocoさん: ありがとうございます。項目が多いと、どうしてもごちゃついてしまいますが、新調するたび、何度も試作を重ねながら、一番いいと感じたデザインを採用するようにしています。

代わりに自己紹介をしてくれるカード

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ