無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無印良品のホテルがOPEN!「MUJI HOTEL GINZA」に行ってみた♡

無印良品がコンセプトと内装デザインを監修したホテル、「MUJI HOTEL GINZA」がオープン!同日オープンの「無印良品 銀座」に併設されていて、無印良品の世界観そのままに、おうちに帰ってきたような気持ち良さを感じられるホテルです。

2019年4月
旅行・おでかけ

無印良品のホテルが銀座にオープン!

中国の深圳、北京に続き、世界で3軒目となるMUJI HOTELが、ここ日本にもオープン!場所は、伝統と新しさが交わり、外国人観光客も大勢訪れる銀座。新たな観光スポットとなりそうです。

ロカリ編集部が行ってきました

コンセプトは「アンチゴージャス、アンチチープ」

「無印良品 銀座」のフロアはB1階〜10階の構成になっていて、そのうち6階〜10階部分がホテルとなっています。6階のフロントには、早速インスタ映えしそうな“MUJI HOTEL GINZA”のロゴが鎮座。無印良品大好き女子なら、胸が高鳴る瞬間です♡

ホテルのデザインや運営は「アンチゴージャス、アンチチープ」をコンセプトにしていて、ラグジュアリーやゴージャスが売りのホテルとは完全に別路線。旅先でありながら、いつもの感覚で心地よく過ごせる空間作りが意識されています。

客室は9タイプ・全79室で、ゲストのシーンに合わせて1名〜4名の宿泊に対応するお部屋を用意。共有部には時間の経過とともに風合いが増す素材を使用するなど、華やかな銀座にありながら、無印良品らしさあふれたほっとできるデザインでゲストを癒してくれます。

Simple is bestを体現する客室

細長い客室が多いのが特徴ですが、天井を高く取ってあるので開放感もたっぷり。トイレやシャワールームを通路部分に設置するなどして、狭い空間でも広々と感じられるような工夫が随所に施されています。

別の客室を動画でチェック

instagram.com

決して派手な客室ではありませんが、この必要なものだけをシンプルに配置したインテリアが、かえって今の時代を反映していて素敵♡ホテルもミニマリズムの時代なのかもしれませんね。

リネン、家電、食器、トイレタリーなど、客室に備わっている備品の多くが無印良品のアイテムなので、ここで使用して気になったものを下のフロアにあるショップで購入することも可能。宿泊と同時に、気になっていたアイテムをお試しできるのも嬉しいポイント。

お部屋で無印良品のオーガニックコーヒーが飲める

instagram.com
記事に関するお問い合わせ