無料の会員登録をすると
お気に入りができます

金欠女子必見♡貯金上手が実践する秘密のお財布心理学ルール

ライフスタイル

お給料日前はいつもピンチ!

それってお財布のせいかも…

お給料日前はいつも金欠!なんていう悪習慣にそろそろ終わりを告げてみませんか?

その方法はとっても簡単!心理学を利用したお財布に関するルールを実践するだけで、無理なくお金が貯められるのです。

心理学を応用してお金が貯まる体質になろう

そこで今回は貯金上手さんも実践するというそのとっても簡単なお財布ルールをまとめてご紹介致します。

ぜひあなたも実践して、無駄な出費を減らしてみませんか?

目からウロコ!お金が貯まるお財布活用術

①お金はより大きい単位で持つ

お財布に入れるお金は500円よりも1000円、1,000円よりも5,000円や1万円となるべく大きな単位で入れておくのがベストです。

実は人間は心理的に大きなお金を崩すのに抵抗があります。つまり1,000円札が10枚入っているお財布よりも1万円が1枚だけのお財布の方が、無駄遣いを減らせる可能性が高いのです。ぜひ試してみてくださいね。

②クレジットカードは3枚程度に抑える

ついつい便利だからといってクレジットカードを持ち過ぎていませんか?実はアメリカではクレジットカードは多く持てば持つほど貯蓄額が減るという結果が証明されています。

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

実験の結果によると、1人当たりの適正枚数は3枚程度だそう。ぜひクレジットカードを沢山持っている人は、一度今あるカードが本当に必要か精査してみませんか?

③ポイントカードは本当に必要なものだけに厳選

「お得にポイントが貯められるから」といってポイントカードを持ち過ぎるのも、実はあなたの浪費に拍車をかける危険な行為のひとつなのです。

記事に関するお問い合わせ