無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もう紙は不要?家電の取扱説明書はデータでラクラク管理

ライフスタイル

こんにちは! SPACE PLUS+東京の整理収納アドバイザー&インテリアコーディネーターの斉藤夏枝です。

みなさんはご自宅の取扱説明書、どのように管理していますか?

我が家にある家電の取扱説明書は、ファイルボックス一つで管理しています。

たくさんある取扱説明書、どうやってファイルボックスたった一つで管理できているのか……。

それは「紙」保管を減らし「データ管理」にしたから! 今回は取扱説明書のデータ管理の方法についてご紹介します。

取扱説明書の管理や収納に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそも、取扱説明書は必要?

家電を購入すると、取り扱い説明書、保証書、簡単ガイド、補充品購入方法、その他ご案内チラシなどなど、たくさんの紙が入っています。

お片付けの作業に伺うと、これをそのまま全部保管している方が非常に多い!

まずは購入した時点で、明らかに必要のない書類は処分してしまいましょう。そもそも取扱説明書(=トリセツ)って使い方の説明書なので、使い方をしっかりと理解したら役目を果たし終わっているもの。我が家では使い方が簡単な家電(照明など)は、使い方をマスターしたらトリセツを処分してしまいます。

また、今の時代、壊れた時に修理に出すより買い替えるほうが圧倒的に安く済む場合もありますね(例えばドライヤーやアイロンなど)。そういった取扱説明書も処分しています。

取扱説明書の処分の判断基準は「よく見返すかどうか?」です。
※保証書は別モノなので注意してくださいね。

データの取扱説明書がある!

もちろん中には、取扱説明書がないと心配な方もいらっしゃると思います。

今は、メーカーのアフターサービスの一環として、HPに取扱説明書がデータで載せてあります。自分の家電の型番を入力して探し、取扱説明書を自由にダウンロードすることが可能です。もちろん無料!

写真のようにPDFになっているところが多く、スマホやパソコンで閲覧可能です。基本的に紙の取扱説明書と全く同じ内容です。

「困ったときはいつでも探すことができる」という安心感があれば、必ずしも紙で保管する必要はありませんよね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ