無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ベトナムで1日2,500杯売れる!日本初上陸の行列店で、究極すぎる「牛肉フォー」を食べてきた

グルメ

ベトナムで愛され続ける「究極の牛肉フォー」が池袋で食べられる!/Pho Thin TOKYO

ベトナム・ハノイに本店を構えるフォー専門店「Pho Thin」の2号店として誕生した「Pho Thin TOKYO(フォーティン トーキョー)」。

お店は池袋駅から徒歩4分ほど。駅からサンシャイン60通りに入り、1本目の十字路を右に曲がったところにあります。

ハノイにある本店の様子(画像提供:Pho Thin TOKYO)

本店は創業45年の老舗で、世界中のガイドブックにも掲載される超有名店。旅行客だけでなく、現地の人からも長年にわたって愛されており、50席ほどのお店に1日2,000〜2,500人ものお客さんが足を運ぶのだそう。

海外進出はおろか、国内でもチェーン展開やフランチャイズ出店などを一切行わず、ハノイの本店だけでレシピを守ってきた同店。いわば“伝説”とも言うべきその味が、なぜ東京に上陸したのか・・・。実は、今回の出店には熱いドラマがありました。

もともとPho Thinは、ベトナム国外からいくつものオファーを受けていましたが、創業者であるティンさんはそのすべてを断っていたんです。そんなティンさんの心を動かしたのは、Pho Thin TOKYOのオーナーである墨さんの熱意でした。

ハノイにある本店の様子(画像提供:Pho Thin TOKYO)

Pho Thinの味に惚れ込んだ墨さんは、現地をアポなしで訪問。自作の紙芝居を使って「『Pho Thin』の味を日本に広めたい」という思いを伝えました。そんな墨さんの姿勢にティンさんは心を打たれ、東京出店の許可を出したのだそうです。

「自分を突き動かしたのは、Pho Thinのフォーを初めて食べた時の感動です。言葉では言い表せない魅力があって、『これなら毎日でも食べられる!』と思いました。実は出店に関しては、コスト面から周囲に反対されたのですが、それでも、どうしてもチャレンジしたかったんです」(墨さん)

店長の神谷さん

そんなPho Thin TOKYOが目指したのは、ずばり「Pho Thinの味を再現すること」。そのため、ティンさんを日本に招いて食材選びから協力してもらい、味を追求してきました。

さらには店長がハノイに渡り、ティンさん直々の指導のもと調理法を習得。そしてついに2号店と名乗るのにふさわしい、創業者も太鼓判を押す味が完成したのです。

そして3月9日、満を持してオープンしたPho Thin TOKYOは、SNSやメディアを通じて話題が沸騰。開店当初はお店の前に連日行列ができ、12時半にはスープがなくなってしまうほどでした。在日ベトナム人もこぞって訪れているといい、引き続き注目を集めています。

こんな美味しいフォーは食べたことがない! そんな感動を味わえる

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ