無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ついにティッシュも「浮かす」時代!ホテルライクで掃除不要「収納場所は"壁"が正解でした」

ライフスタイル

こんにちは、整理収納アドバイザーのnami sasakiです。

住まいに収納が少ないことでお悩みの方も多いはず。
「賃貸だから自分の思う場所に収納がなくて……。」
「古いアパートだから。」
「一戸建てだけどうまく収納スペースが取れなかったの。」

住んでみるうちに、「ここにモノが置ければ便利なのに!」と思うのは、きっとどんな住まいでも、ずっと付きまとってくる問題ですよね。

心地よく住まうには工夫が必要。
その工夫次第で、空間に余白ができ、暮らしやすくなり、過ごしやすい空間となるはず。

今日はそんな空間づくりを楽しくしてくれる、ideaco(イデアコ)のアイテムを紹介します。

▶壁に付けられるティッシュケース。限られた収納スペースにティッシュをシンプルに収納可能。

「ideaco ティッシュケース ウォール/イデアコ」

住まう人の生活動線に合ったインテリアを

私は職業柄、モノを配置する時に、合理的に考えるところがあります。

例えばティッシュの位置。
リビングのテレビ台の上にあるには理由があって、家族みんなが使いやすいことを考え、そこにある。

そこにあることで、みんなが取り出しやすく、使いやすい意味を持ち、定位置と化す。
そうすると、住む人の動線に合ったインテリアが、自然と作られていくように思うのです。

我が家で、「もっと広く作ればよかった!」と、不便に思うのが洗面所。

日の当たらない場所に作った洗面所は薄暗く、あまり気分が上がらない場所。
広く設計できなかった洗面所は、収納スペースも限られていて、新しく収納用品や棚を置くスペースはないのです。

でも、そんな場所こそ、腕の見せどころ!
どうしたら使いやすく、楽しく使える場所になるのだろう?
追加したいものをすっきり配置することができないかということを、とことん考えます。

自分スタイルの収納

プチDIYが好きで、家の中をよくいじります。
大掛かりなものではなく、自分ひとりで簡単にできるもの。

フックや鏡、あれば便利と思うものは、自分で壁に取り付けるように。
そうすると、持っている収納スペースを超えた収納力を発揮できます。

特に、「壁に付けられる」タイプのものは、石膏ボードに簡単に取り付けることができるので、女性一人でも設置することができておすすめ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ