無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ラグ・マットをやめてみて起こった暮らしの変化[実例つき]

ライフスタイル
welcome-to-gettyimages.jp

こんにちは。ライフオーガナイザー®の橋本智子です。

みなさんの家の中に、ラグやマットを敷いている場所はどれだけありますか?

ほぼ全ての部屋に敷いている、逆に一切敷いていない、部屋によって違う、など家の中でもそれぞれの状況がありますよね。

我が家でも、以前はリビングやキッチンなどには必ずラグやマットを敷いていましたが、一時的にラグやマットをなくしてみた結果、このままでも良いのではないか? と思えるメリットもあり、そのまま敷かなくなった場所があります。反対にやめてみたけれど、やっぱり必要だと感じた場所も。

敷く派、敷かない派、ときっぱり決めている訳でもなく、場所によって感覚的に敷く・敷かないを決めています。

今回はラグやマットを敷くかどうかを決めた経緯や、やめてみて感じた暮らしの変化についてまとめてみました。

ラグやマットを敷くメリット・敷かないメリット

ラグやマットを敷くメリットとして感じるのは

・床に傷がつかない
・小さな子どもが転んだ時の安全対策になる
・防音効果がある
・冬場に敷くと温かい
・インテリアとしても楽しめる
など、いろいろあります。

子どもがつかまり立ちから歩き始めのころは、とにかくよく転ぶし、たまにソファーなどから落ちてしまうことも……。頭を打っていないか心配することもよくありました。

そんな時は厚めのラグやジョイントマットを敷くことで安心材料となり、目は離せないものの、転んだ時のセーフティーネットに。

また、冬場は足元が寒いので、ラグがあるとやはり温かいですね。

welcome-to-gettyimages.jp

一方でストレスに感じることもありました。

・掃除がしにくい
・埃が見えない分、余計気になる
・物をこぼすと片づけが大変
・ラグやマット自体の手入れが手間
などです。

例えばリビングにラグを敷くと、埃が目立たない分、余計に気になって、念入りに掃除機をかけたりラグをめくって下の床を掃除するのが手間に感じていました。

完全に見た目で選んでしまった毛の長いラグは冬場はいいのですが、夏になるとない方が涼しく、別の場所に保管するのですが、そうすると場所を取ってしまう……。オールシーズン使えるラグにすれば良かったと、モノ選びを後悔した経験も。

また、キッチンマットも必ず敷くものだと思い込んでずっと使っていましたが、こちらも定期的に洗って干してというお手入れが必要……。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ