無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「体を反らす」がラクにできる!後屈が深まるヨガ前筋トレとは

美容

後屈を深めるヨガ前筋トレ:背筋群とハムストリングを刺激しよう

後屈を行う前は、背筋群とハムストリングを活性化する筋トレを!胸と鼠蹊部がゆるんで体の前が開き、伸びやかな後屈がつくれます。

鼠蹊部

坐骨と頭頂を離しながら背筋力で体幹をキープ

ポーズ中は、背中が丸まらないように背筋の力で体幹を保ちましょう。腕を伸ばすことで、腕の重さが負荷になり、背筋群への筋トレ効果がいっそう高まります。背中の筋肉が刺激されることで、胸の前がゆるんできます。

体幹

HOW TO

1.ターダーサナで立ち、股関節を後ろに引きながら膝を曲げていく。つま先より膝が前に出ないように。

ターダーサナ

Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

2.両手を上げ、斜め上を見る。肩を下げて腕を顔の前に出す。尾骨と頭頂を離し続けながら10秒キープ。

Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

POINT:顔より後ろに手を上げると、肩がすくんで体幹が伸びなくなる。

体幹

これはNG/Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

肩甲骨を寄せて背筋をON!胸の前を柔らかく広げる

背筋の筋トレですが、無理に「反ろうと」せず、組んだ手を遠くに引っ張ることを意識しましょう。肩甲骨をしっかり寄せておくだけで背筋はONになります。背筋が働くと胸椎が伸びやすくなり、胸の前が開きます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ