無料の会員登録をすると
お気に入りができます

その日傘、意味ないかも。焼けない日傘1位とは…?

ライフスタイル

日焼け止めだけではうっかり焼けを防げない!

出かける前にしっかり日焼け止めを塗ったつもりでも、意外と多いのが「うっかり焼け」。日焼け止めを塗り忘れた部分が焼けてしまうことで、頬・首筋・肩のあたりが特に多いです。

日焼けは肌の炎症を引き起こすだけでなく、肌老化を促進するので万全な対策を行いたいもの。そんな時にぜひ活用したいのが日傘なんです!

日傘の色によって遮光率や遮熱率が違うんです

強い日差しから肌を守ってくれる紫外線対策(UV対策)の定番といえば日傘ですよね。雨の日でも使える晴雨兼用傘や、使わない時はコンパクトに持ち運べて軽量な折りたたみタイプ(傘袋付)など、さまざまな種類があります。

人気ブランドのおしゃれな日傘もいいですが、デザインだけで選ぶと使って後悔することも…。そこで、最初に知っておきたい日傘選びの基本についてご紹介します。

【選び方①】日傘に書かれている遮光率や遮熱率は目安として捉える

日傘のタグなどに書かれている「遮光率」や「遮熱」表記は、あくまで布地だけの性能。UVカット加工されている日傘でも、縫い目からの漏れや照り返しなどは考えられていません。

つまり、その効果は気温や天候によっても変わるということ。

例えば「遮光率99.99%以上」と表記されている日傘でも…。

日差しが強い日に計測してみると、表記通りの遮光率にはなりませんでした。

何の表記もない日傘でも、しっかり遮光や遮熱をしてくれる製品もあるので、あくまで目安として捉えましょう。

【選び方②】地面からの照り返しを防ぎやすいのは内側が黒い日傘

空から降り注ぐ日差しばかり意識しがちですが、実は地面からの照り返しにも注意が必要です。紫外線の照り返しによる日焼けを防ぐには、日傘の内側のカラーがポイント。

内側がシルバーコーティングされた日傘がよくありますが、実はレフ板のように紫外線を集めてしまうので逆効果! 地面からの照り返しを防ぐには、内側が黒い傘を選びましょう。

試しに内側が黒と白の日傘で比べてみると…

内側が白い日傘は紫外線を20μW通しましたが、黒は完全に吸収しました。もちろん、日傘によって差はありますが、照り返し防止には内側が黒い傘がおすすめです。

【選び方③】使っていて涼しいのは日傘の外側が白いタイプ!

暑い日に使う日傘は、内側が涼しくて快適なものがいいですよね。涼しさで選ぶなら、外側が白い日傘がおすすめ。一方、外側が黒い日傘は、太陽の熱を集めて吸収してしまうため、日傘内に熱気が溜まって蒸されたような暑さになることも。

実際に日傘の外と内側の温度を比べてみると…。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ