無料の会員登録をすると
お気に入りができます

上履きをオキシクリーンでオキシ漬けするメリット・デメリット

ライフスタイル

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

夏休みや冬休みなど、学校の長期休みはもちろん、毎週子ども達が持ち帰ってくる上履き。
子どもが低学年であれば親が洗って、月曜日持たせたりするのが日常のワンシーンだと思います。

今では、上履きやスニーカー専用ブラシなどがあの”激落ちくん”はじめ、たくさん出てきていますよね。そして今では、上履きも”オキシ漬け”するのが当たり前の時代になろうとしています。

ここでは、上履きの”オキシ漬け”でどこまで落ちるのか試してみました。

上履き洗いで用意するもの

・オキシクリーン
・シューズブラシ

【被験者】小学3年生愛用の上履きさん

▲オキシ漬けされる前

オキシクリーンで上履きを”オキシ漬け”する方法

オキシクリーンの粉末をバケツなどに入れ、40度~60度のお湯を注ぎ、よくかき混ぜながら溶かします。

溶かしたオキシクリーンの中に上履きを入れます。

そして、数時間放置……。
他の用事が済んだ頃に見に来るとよいでしょう。

気になるので、ちょいちょい覗いてみる(笑)。
ぷか~……と浮いている上履き。

別件が済んだので、上履きを取り出して、中を覗いてみると……何もしていないのに汚水になってる!!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ