無料の会員登録をすると
お気に入りができます

結婚と恋愛が別物って本当? 30代男性に聞いてみた!

恋愛・結婚

恋愛と結婚は段階が違うだけで、相手を想う気持ちという面では同じだと感じている方も多いはず。

でも、結婚を考える30代男性にとってみると、少し違うものだと感じることも多いようです。

結婚につながる恋愛がしたい、結婚を考えている彼氏がいる方は、参考にしてみてはいかがでしょう?

自由を失っても窮屈さがなくなっても…

「結婚してもうすぐ1年になります。たしかに、いろんな自由はなくなりましたね。

ひとりの時間や、自由に使えるお金とか。それから、いろんな女の子と遊ぶ自由とか!

以前は、合コンやマッチングアプリで、いろんなタイプの子との出会いが楽しめましたが、さすがにいまは卒業。

いろいろな自由を諦めてもなお、ひとりの妻のそばにいることが幸せに感じる。それが結婚だと思います」(32歳・男性・既婚)

独身の間は、たしかにいろいろな自由がありますし、恋愛の仕方も自由。

でも、結婚はそんな自由がなくなるため、遊びたい男性の場合には、窮屈に感じることもあるようです。

ただ、その中で窮屈さよりも、「ひとりの女性のための自分」にれることを幸せに感じるようになるのとのこと。

幸せの意味が異なってくるのは、恋愛と結婚の違いかもしれません。

向かい合いから背中合わせに…

「まさにいま、恋愛と結婚の違いを実感しているところです。

表現するのが難しいんですが、恋愛中は、お互い向かい合わせ、正面で見つめ合っての愛情な気がします。

相手のことをもっと知りたいとか、どうしたら好かれるのかとか、自分をもっと見てほしいとか。

でも、結婚を本気で考え始めたときから、ある部分は彼女に完全に委ねて、ある部分は自分が背負って。

信頼関係のもと、背中合わせで幸せを探していく感覚ですかね」(30歳・男性・婚約期間中)

恋愛中は、いわば品定めをしている状態。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ