無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[料理の裏ワザ]コーヒーメーカーで本格的な「鰹だし」がとれる!しかも超簡単!冷汁も味噌汁も美味しく

レシピ

和食の基本といえば、“だし”。だしの旨味が料理の味を決めると言ってもいいほど、重要な役割を果たします。ですが、顆粒タイプの和風だしという便利な存在があることもあり、本格的なだしをとらない人も多いので

saitaPULS編集部

鰹だしは、「コーヒーメーカー」があれば簡単にとれる!

一般的には、沸騰したお湯にかつお節を入れ、濾す…という作業をする鰹だしですが、なんとコーヒーメーカーを使えば、手間要らずで簡単にだしがとれるんです!

用意するものは、
コーヒーメーカー、ペーパーフィルター、かつお節(削り節)15g、水 500ml
この分量で、約2カップ分(お味噌汁2〜3杯分)の鰹だしがとれます。

コーヒードリッパーでも同様にできますが、その際はお湯を用意してくださいね。

鰹だしを「コーヒーメーカー」でとる方法

1. ペーパーフィルターをコーヒーメーカーにセットし、かつお節を入れます
※薄削りのかつお節でもOKですが、削り節のほうがフィルターに入れやすく、濃度の高いだしが作れます

2. 水をセットし、あとはコーヒーを入れる要領でスイッチを押すだけで、約10分後には鰹だしのできあがり!

3. だしがらは、フィルターごと廃棄します

この裏ワザを使えば、放っておくだけで簡単に鰹だしがとれます。しかも、最後に濾す必要がなく、すぐに料理に使えるところもポイントが高い!
コーヒー感覚で本格的なだしがとれるなんて、目からウロコの裏ワザです。

抽出したての鰹だしは、香りがよく、旨味が凝縮されています。この旨味を生かして、「味噌汁」と「冷汁」を作ってみました。

抽出した鰹だしで、お味噌汁に!

鰹の風味がふわっと香り、贅沢な味わいを楽しめます。

◼︎材料(2〜3杯分)
鰹だし… 2カップ程度、味噌…大さじ1.5〜2、キャベツ…2枚、玉ねぎ…1/4個、しめじ…1/4袋

◼︎作り方
1. 鍋に鰹だしを入れ、食べやすい大きさに切ったキャベツ、玉ねぎ、石づきを取ってほぐしたしめじを入れます。
2. 具材に火が通ったら、味噌を加えて溶かします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ