無料の会員登録をすると
お気に入りができます

使いやすさ劇的UP!クローゼット収納の基本テク早わかり♡

エディターぷり子が読者の部屋のお悩みを解決する本企画。今回の汚部屋代表読者も、かなりのツワモノ。唯一の収納スペースである小さなクローゼットが、どうすれば使いやすく改善できるのか、必見です!

撮影/木谷基一(After)イラスト/miri 編集/星野寛奈

2019年7月
インテリア

“汚クローゼット”の収納を改善!

Beforeの状態はこちら

エディター・ぷり子の汚部屋Before→After記事を見て、ぷり子のインスタに模様替えを依頼した読者のさおりんさん。「どう片づけたらいいかわからないんです」というクローゼットはカオスの状態。

「間口が狭く、内部が広くなっている変わった造りだから、うまく使えないんです...」と訴えるさおりん。「確かに使いにくい造りだけど、ここまで散らかすとはあなたなかなかやるわね!」と褒めながらディスるぷり子。「悪条件なんて、工夫次第でなんとでもなるわよ!」とポジティブシンキングを押し売りします。

汚部屋の住人・さおりんさん

東京都在住の27歳、会社員。ひとり暮らし歴7年で、彼氏をこの汚部屋に招いているという、飾らないのが魅力の女性♡ 「彼からのプロポーズを待ってるんですが、なかなかしてもらえなくて...」とお悩み中。

片づけるのはエディターぷり子

さおりんさん宅を片づけるのは、収納改善が趣味のエディター・ぷり子。イケメンとビールが大好きで、お節介な性分ゆえ汚部屋を見るとほうっておけない。
さおりんに「この部屋の住人にプロポーズする勇者は希少だと思うわよ...。とりあえず悩むより部屋を片づけましょ!」と提案。

ぷり子のインスタはこちら♡

前回の「モノを減らす編」はこちら↓

部屋が片づく!無理に捨てなくてOK♡賢く「モノを減らすテク」

「片づけても部屋が散らかる...」「モノが捨てられない!」そんなお悩みを持つ読者、さおりんさん。今回、模様替えエディター・ぷり子に汚部屋改善を依頼。ズボラ女子でもスッキリ片づく部屋を目指し、まずは無理なくモノを減らすテクニックをリアルにレクチャーします! イラスト/miri 編集/星野寛奈
1579

汚クローゼットの収納を改善!

ぷり子との作業で、見事にモノを減らしたさおりん。次なるステップは使いやすく収納すること。ぷり子厳選の優秀収納アイテムを駆使して、作業スタート!

<クローゼット上段>

BEFORE:上部はムダなスペースが

「見てッ!! せっかくの収納スペースにッ!! 無駄な空間があるわッ!!」と鬼の首を取ったようにまくし立てるぷり子。「クローゼットの上部に置いていたのはテントと敷物、寝袋とか、キャンプグッズです...」とさおりん。

記事に関するお問い合わせ