無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お腹周りが気になる人必見!キツイけど効果抜群な「プランク」のやり方

美容

効果

腹筋の中でも、インナーマッスルと呼ばれる、身体の内側の筋肉に刺激を加えることができます。具体的には、腹横筋、多裂筋、横隔膜などです。

このインナーマッスルは、上体起こしなどの動的なトレーニングでは鍛えにくい部分。インナーマッスルが鍛えられると、お腹がへこんでくるのはもちろん、姿勢がよくなります。インナーマッスルは自然のコルセットと呼ばれており、腰痛の方にはぜひ鍛えてほしい筋肉です。

サイドプランク

やり方

1.横向きに横になった状態から、下になっている方の手の肘から下を床に付けます。肩の真下に肘がくるようにしましょう。

2.身体を浮かせて、下側の手の肘から下と、下側の足の外側のみで身体を支えます。
(胸を張って、頭からかかとまでが一直線になるようにします)

3.2の状態をキープします。呼吸は止めないようにしましょう。

※余裕があれば、上側の足を持ち上げると負荷が上がります。姿勢を崩さないよう注意しましょう。

ポイント

意識する部分は、脇腹の部分とお尻の筋肉です。主にこの2つの筋肉で姿勢を保っています。疲れてくると、腰の部分から下がってきてしまうので、下がらないように意識しましょう。

効果

脇腹にある腹斜筋と呼ばれる筋肉と、お尻の中臀筋と呼ばれる筋肉を刺激します。脇腹やお尻のたるみが気になる方におすすめです。基本のプランクよりも難しいので、基本のプランクができるようになったら、次のステップとして行うといいですね。

プランクでお腹周りのたるみを撃退!

プランクは少しキツイかもしれませんが、お腹周りのたるみ改善が期待できるトレーニングです。ポイントさえ押さえれば、手軽に行うことのできるので、時間がない方でも続けやすいですよ。姿勢や腰痛の改善にもつながりますので、ぜひ試してみてくださいね!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ