無料の会員登録をすると
お気に入りができます

生きてるキムチ…?注目の次世代漬け物ブランド「10% Iam」が発売開始

グルメ

“発酵食品” とは、菌の力をつかって発酵させた食品のこと。お酒や味噌や漬け物など、その多くが身近なものです。今日ご紹介するのは、2019年6月29日に発売をされた『次世代のお漬け物』。無添加のキムチや、ごはんやバゲットに合うおしゃれな漬け物は、編集部のこの夏イチオシのギフトです!

macaroni編集部レポート

次世代の発酵食品ブランド「10% Iam」

Photo by macaroni

今日ご紹介するのは、発酵食品ブランド「10% Iam(テンパーセント アイアム)」。

その不思議な名前ときれいなパッケージに惹かれて、ブランドリリースのお披露目会にお邪魔してきました。立ち上げたのは「スープストックトーキョー」などで知られる株式会社スマイルズで10年以上活躍されていた平井 俊旭氏。

“次世代漬け物” とうたう「10% Iam」が発売する商品は、キムチや漬け物といった一般的な発酵食品ですが、そのひとつひとつに “発酵” 本来のおいしさやパワーがぎゅっと詰めこまれているんです。

「発酵食品」を現代人のもっと身近に

Photo by macaroni

お披露目会は、渋谷ヒカリエの d47 MUSEUM で開催している『Fermentation Tourism NIPPON』展のなかで開催。当展は全国47都道府県の発酵食品を紹介するというもので、キュレーターは、発酵デザイナーの小倉ヒラク氏(写真右)です。

前半のトークセッションは、代表の平井さん(写真左)、小倉さん、「10% Iam」の商品開発にたずさわっている発酵料理人のたやまさこさん(写真中央)の3名でおこなわれました。

Photo by macaroni

発酵料理家たやさんの自慢のへしこ

3人のディープな発酵トークと共に、たやさんが毎年作っているというへしこが振舞われました。へしことは、さばを塩漬けにしてからぬか漬けにする、昔からある保存食。噛みしめるほどに塩気とうまみが広がり、お茶漬けやお酒がグッと味わい深いものになりそうです。

たやさんの活動拠点であり、「10% Iam」が生まれた地である滋賀県の高島市では、酒造が多く残っていたり、郷土料理にへしこがあったり。昔から食べられてきた発酵食品が、今でも深く生活に根付いているんだそう。

滋賀県にそんなに発酵文化が発達している地域があるなんて初耳。気になるかたは、以下の “発酵するまち、高島” のリンクへどうぞ。

高島市商工会|発酵するまち、高島。

人間は菌に支えられて生きている

Photo by macaroni

後半は「10% Iam」の立ち上げや、コンセプトやブランド名に関するお話。

平井さんは、スマイルズ時代にスープストックトーキョーの業態を作ってきた経験を地域で試したいと独立されました。いろんな地域に携わる中で、今回滋賀県高島市の “発酵文化” と出会い、いっしょに商品づくりをはじめたんだそう。

発酵といえば “菌” ですが、ふだん生活していると、菌を意識する瞬間は病気のときくらいな気がします。でも、人間の指先1センチだけで、日本の人口と同じくらいの大量の菌が存在しているんだそう。また、人間の身体は約90%ほど菌が占めていて、残りの10%くらいが人間の部分…… そう考えると、人間は菌に支えられて生きているようなものですよね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ