無料の会員登録をすると
お気に入りができます

その洗剤、えり垢たまる一方かも! 23製品使ってわかった、落ちない洗剤と落ちる洗剤

ライフスタイル

真っ白に洗い上がった洗濯物、気持ちいい!と思ったら、昨日の食べこぼし汚れが残ってる…。せっかく洗ったのに、なんとも残念な気分になりますよね。洗濯洗剤にまず求めるのは洗浄力だと思いますが、実はそれぞれに得意な汚れ、不得意な汚れがあるんです。今回はそんな「汚れ別」の洗浄力に注目してチェックしてみました。

木村 大介/Test by LDK編集部

泥汚れ最下位は「ボールド」の粉末タイプ。食べ物系の汚れには強いですが、泥汚れは苦手なことが発覚。赤茶色が染料のように残りました。

ランキングでは、液体とジェルボールが上位を占めました。泥汚れには粉末タイプは弱かったです。

イヤーな汗ジミや黄ばみ「汗ジミ・黄ばみ編」

ちゃんと洗っているつもりでも、たまっていく汗ジミや黄ばみ。清潔感を損ねてしまいます…。でも、ふだんの洗剤しだいで洗浄力に約30%も違いがあることがわかりました!

汗ジミや黄ばみの汚れの原因は、からだの成分の一つであるタンパク質。布にしみると黄色いシミができてしまいます。また、鼻血や下着などの血液汚れも同じタンパク質汚れ。今回は、タンパク質であるたまごを焼き付けて汚れを再現しました。

▼汗ジミ・黄ばみ編 1位

花王
アタック 高浸透リセットパワー
実勢価格:321円(1回あたり10.5円)
容量:900g

Amazonで見る

汗ジミ・黄ばみ編1位は「アタック 高浸透リセットパワー」です。体の成分の一つタンパク質は、布に染みると黄色いシミを作る厄介モノ。リセットパワーはしつこいタンパク質汚れを分解してサッパリと洗い流しました。ワキ汗も下着汚れも安心して任せられます。

▼汗ジミ・黄ばみ編 最下位

NSファーファ・ジャパン
ファーファ ファインフレグランス ウォッシュ
実勢価格:462円(1回あたり15.6円)
容量:400ml

Amazonで見る

汗ジミ・黄ばみ編最下位は「ファーファ」。テストに使ったたまご汚れが表面に固まってガビガビになり、はっきり黄色く残りました。汗ジミがすぐできそうで心配です。

ランキングでは2位に液体タイプのアタックが入りました。液体派はこちらをどうぞ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ