無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[組み合わせが重要]ダイエット中に効果的にやせる運動方法って?

美容

やせるためには、運動をしないといけないと思いながらも、どんな運動を始めたら良いのか分からない方も多いと思います。そこで、今回、代表的な運動で消費されるカロリーを紹介しながら、ダイエットに効果的なおすすめの運動方法を紹介したいと思います。

運動には大きく分けて2種類ある

有酸素運動とは?

有酸素運動とは、エアロビクスダンス、ジョギング、ウォーキングなど、持久力の向上に効果的な運動をさします。これらの運動では、酸素をつかいながら、血糖や脂肪をエネルギー源として、筋肉を動かすのが特徴です。また、筋肉への負担が比較的軽いので長く続ける事が出来る運動です。

無酸素運動とは?

無酸素運動とは、短距離走、筋力トレーニングやウエイトトレーニングなどの運動をさし、筋力の向上に効果的な運動です。これらの運動では、筋肉を動かすのに、酸素は使わず、糖をエネルギー源として使うため、乳酸を生成するのが特徴です。また、筋肉への負担が大きいため、長く運動は続ける事が難しく、また、疲れやすいのが特徴です。

代表的な運動で消費されるカロリーは?

消費されるカロリーは体重によって変わってくる

消費されるカロリーは、同じ運動や時間を行っても、体重によって変わってきます。ここで、体重が50kgの方と80kgの方が運動する場合のだいたいのカロリー消費量をまとめました。

50kgの方

速歩(20分): 50kcal
軽いジョギング(30分):130kcal
ゴルフ(60分):130kcal
水泳(10分): 60kcal
自転車(20分): 55kcal
ランニング(30分):180kcal
テニス(シングルス)(20分):105kcal

80㎏の方

速歩(20分): 80kcal
軽いジョギング(30分):210kcal
ゴルフ(60分):210kcal
水泳(10分): 100kcal
自転車(20分): 85kcal
ランニング(30分):145kcal
テニス(シングルス)(20分):170kcal

以上から分かるように、体重が重いほど、同じ運動や時間を行っても、消費するカロリーは多くなる事が分かります。

お腹周りを1cm減少するには?

運動だけでやせるにはかなり大変

では、一体、お腹周りを1cm減らすには、どのくらいの消費カロリーを加えないといけないのでしょうか?お腹周り1cmを減らすのは、内臓脂肪が約1kg減らす必要があります。例えば、2カ月かけて、1cmのお腹周りを減らすには、1日当たり約115kcalが必要になります。つまり、運動だけでやせようと思うと、なかなか大変なのが分かります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ