無料の会員登録をすると
お気に入りができます

郵便受けに届く「花」を活けると、週末がはじまる。

DIY

郵便受けを覗くのが、土曜の朝のたのしみ

Instagramで見つけた「お花の定期便サービス Bloomee LIFE」をはじめて、1年以上が経ちました。週末になると、新しいお花が花束になってわが家に届くのです。
部屋を模様替えしても、働き方が変わっても、相変わらず「今週はどんなお花が届くんだろう」と郵便受けを覗くのが毎週末のたのしみになっています。

去年よりも上達した、わたしなりの花器とのコーディネートとあわせて、今年も自慢とご紹介をしたいと思います。

去年
Bloomee LIFE

「花」を迎える

土曜の朝は、まずスリッパを履いて郵便受けを覗きに行きます。もうすっかり習慣になった花のお迎え。「届いてる、届いてる」とうれしくなります。

箱の中でお花が潰れてしまわないよう工夫されたボックスの構造は、以前よりもずっと「お花想い」に。

今朝のお花は、トルコキキョウ、フロックス、スターチス、野ばらの実、グミを集めた白い花束です。トルコキキョウの花言葉は「すがすがしい美しさ」なんだとか。届いたお花の種類は、すべてweb上のマイページで確認することができます。
保水剤のおかげで、生き生きとした美しい状態で届きます。ゴムをはずして、ゆっくりと解いていくのもうれしい時間。

保水剤は洗い流してから生けます。水の中で茎をすこしだけ切って、切り口を新しくすれば、お花は水を吸い上げやすくなるそう。

シンプルさが美しい花束なので、このままガラス製の花器に移すことに。

食卓に映える

準備した食事に添えれば、食卓がパッと華やかに。友人を迎えてたのしむ昼食は、なににも変えがたい大切なひとときです。そこに、名の通り花を添えてくれるうれしい存在。

・花器:クリアオンクリア*一輪挿し(monozo)

クリアオンクリア*一輪挿し
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ