無料の会員登録をすると
お気に入りができます

忠実に再現!カルディ「スイカダックワーズ」がこの夏の主役おやつ

夏アイテムが目白押しのカルディで見つけた「スイカダックワーズ」。夏に食べたいフルーツの筆頭・スイカが、ちょっぴりおしゃれなダックワーズに。スイカを使ったゼリーやアイスは見かけますが、ダックワーズとは意外です。見た目は黄緑色で抹茶味にも見えますが…。

muccinpurin

グルメ

夏の主役。スイカがダックワーズに!?

Photo by muccinpurin

夏は一年でもっとも果物がおいしい季節。桃やブドウ、マンゴーやメロンなど、カラフルな果物が目も舌も頼ませてくれます。

なかでも「これぞ夏!」というイメージがあるのが、スイカではないでしょうか?冷やしたスイカを海や縁側でほおばる、夏の最高の楽しみ方です。

生で食べることが多いスイカですが、カルディで「スイカダックワーズ」なるお菓子を発見!

ダッコワーズ(ダックワーズ)とは?

ダッコワーズとは、フランス発祥のアーモンド風味のお菓子です。ダッコワーズやダコワーズ、ダクワーズなどと呼ばれています。

メレンゲにアーモンドプードルを混ぜて専用の小判型ですり切り、粉糖をかけて焼き色が付かないようにオーブンで焼きます。冷めたら間にバタークリームをサンドして完成です!このバタークリームに抹茶やチョコレート、フルーツフレーバーをつけ、バリエーションを楽しみます。

日本ではダッコワーズとしてパティスリーで販売されていますが、本場フランスでは主にケーキの土台として用いられています。

さわやかな香り♪ 「スイカダックワーズ」

Photo by muccinpurin

「スイカダックワーズ」120円(税込)

スイカ味のゼリーやアイスはよく見かけますが、焼菓子にスイカ味が付いたものは、見かけて事がありません。

というのも、スイカはとても水分が多い果物なので、油脂であるバターを使った焼菓子にスイカ味をつけるのは、なかなか困難だからだと思われます。

Photo by muccinpurin

カルディのスイカダックワーズも、見た目は抹茶味のような黄緑色です。食べてみるまで、何とも言えないですね……。その味が気になります。

カットしてみると…スイカだ!

Photo by muccinpurin

食べる前に半分にカットしてみると、色鮮やかなピンクのクリームが登場しました!スイカの種こそないものの、緑色と赤のコンビは見た目からして完全にスイカです!

ダックワーズ生地もカットしてみると外側より鮮やかな緑色で、クリームのピンクとのコントラストもとてもきれいです。見た目だけでなく、スイカ独特の甘い香りも漂います♪

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ