無料の会員登録をすると
お気に入りができます

見つけた! 化粧水&乳液以上の保湿力→カサカサ肌が即潤う1本

美容

季節の変わり目や、乾燥、紫外線のみならずコロナ禍のマスク生活で、例年以上に肌にストレスを感じるということ、ありませんか? なんだか、肌が疲れていると感じている人、増えているようです。

そんなダメージを受けた肌の回復には、さまざまなアイテムを駆使してケアするのがよさそうに思えますよね。でも、スキンケアの手順が増えれば増えるほど、摩擦が生じて、肌へのストレスや負担をかけてしまうもの。

そこでオススメなのが、ワンステップでケアを完了させられる薬用オールインワン化粧品です。

オールインワンなら一つで化粧水や乳液、美容液、クリームなど複数の役割を果たすので、肌との接触を最小限に抑えられます。また、ケアはワンステップで手間がかからないのもオールインワンのメリット。

さらに、薬用なら効果が認められた有効成分が一定量配合されており、美白、肌荒れ予防、エイジングケアなど、うれしい効果が期待できます。

でも、本当に、ダメージを受けた肌にオールインワンだけで大丈夫なの? と、心配や不安ではありませんか。

そこで、雑誌『LDK』の姉妹誌でテストするコスメ誌の『LDK the Beauty』が、新製品や、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、ドラッグストア、通信販売などで買える、SNSやクチコミでも話題・人気の市販「薬用オールインワン」化粧品18製品をピックアップして、保湿力、成分、使用感に注目して、オールインワンの実力を徹底検証しました!

▼検証したブランドはこちら
・アカランプラス
・アクアレーベル
・エクスボーテ
・カナデル
・シミウス
・純白専科
・セザンヌ
・ちふれ
・ドクターシーラボ
・肌美精
・肌ラボ
・ピュアナチュラル
・ペレサナ
・ミキモト
・無印良品
・メディプラス
・モイスチュアマイルド ホワイト
・ルメント

オールインワンのメリットといえば、「時短」ですが、それだけじゃないんです。そこで、まずはオールインワンの隠れたスゴポイントをご紹介します!

化粧水、美容液、乳液……と数を増やすほど、浸透量が増えるわけではありません。浸透するのは肌表面にある厚さ約0.02㎜の角層までで、アイテムを何個使っても肌に入る量は一緒。このため、実はたくさん重ねなくても保湿はできます。オールインワンならワンステップで保湿が完了するので、アレコレ塗らなくてもないいんです!

日焼けやマスク荒れで弱った肌は、回復しようとケアを頑張るほど摩擦が生じて負担をかけてしまいがちです。

その点、オールインワンは肌との接触は最小限。ケアはワンステップでも、薬用オールインワンなら保湿は大前提として美白、、エイジングケア、肌荒れやニキビの予防など、保湿だけじゃない高機能がウリ。さまざまな効果が期待できます。

ダメージ肌をいたわるときは、「極力肌に触れない」ようシンプルなスキンケアを心がけましょう。肌との接触を減らして摩擦を抑えることが回復の近道です。

薬用のオールインワンは、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ、肌荒れを防ぐなど、厚生労働省が認可した、効果・効能が認められた有効成分が一定量以上配合されています。「薬用=厚労省お墨付きの成分配合」の証とも言えるでしょう。

プチプラでも配合量は保証されていますから試す価値大です!

●効果が認められた有効成分入り

「医薬部外品」の場合は、全成分表示の最初に有効成分の記載があります。欄外に明記されている場合もあるからチェックしてみましょう。

●「医薬部外品」の表記がないなら化粧品

一方、医薬部外品の表記がない製品は、「化粧品」に該当します。薬用の有効成分と同じ成分が入っていることもありますが、配合量は製品により異なります。

オールインワンの保湿力って大したことないんじゃない? と思うことってありませんか。オールインワンは多機能をうたっているので、保湿成分や油分もきちんと入ってます。ワンステップのケアやみずみずしい使用感で保湿力が物足りないと思われがちですが、そんなことはありません。

『LDK the Beauty』の過去の検証でも、高評価の化粧水&乳液ライン以上にうるおうオールインワンも少なくありませんでした。その真価を体感するなら、肌疲れが蓄積したと感じる時こそ試すチャンスです!

今回は、皮膚科専門医や元化粧品メーカーの研究員の方にもご協力いただき、お肌が敏感なときにも使える薬用オールインワンを探し、3つのテストで比較しました。

乾燥肌のモニターの腕にジェルを同量塗り、6時間後の肌水分量を肌水分測定機器で計測しました。塗布前の肌水分値と比較してどのくらい水分量が上がったかを算出して評価しました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ