無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[コンビニ食の選び方]栄養バランスを整えるポイントって?

美容

忙しい毎日の食事に重宝するのがコンビニ食。コンビニの食事ではバランスが悪いと思い、便利だけどコンビニ食を食べることに罪悪感を感じている人もいるのでは?しかし、最近のコンビニはミニスーパーと言っても過言ではないほど商品が充実しています。そこで今回は、コンビニ食で栄養バランスを整えるにはどうしたら良いのかを解説します。

コンビニ食を選ぶときのポイントは?

選ぶときは「3つ」が入っているかチェック

食事を選ぶときは何を基準に選んでいますか?ただ何となく選んでいる方は、これからは主食・主菜・副菜の3つが入っているかをチェックしてから購入してみましょう。

主食

ごはんやパン・麺類など、糖質の多い食品。主食は体を動かすエネルギーになります。

主菜

肉や魚・卵・乳製品・大豆製品など、たんぱく質の多い食品。主菜は体を作る役割をします。

副菜

野菜やきのこ・海藻類・果物など、ビタミンやミネラルの多い食品。体を動かすための潤滑油の役割をします。主食・主菜をきちんと摂っていても副菜がないと潤滑に体を動かすことが出来ません。

いつもの選び方だと3つのうち何が足りないの?

おにぎりやパンだけは主食オンリー

おにぎりやパンは手軽に食べることができて満足感も得られますが、これだけでは主食しかないため、主菜・副菜を補いましょう。

麺類では主食がメインで主菜・副菜は少々

種類によっては主食の他に主菜・副菜も含まれていますが、主食がほとんどのため、主菜・副菜を補いましょう。また、パスタサラダもサラダとはいえ、主食がメインですので、同じように主菜・副菜を補いましょう。

サンドイッチ&ヨーグルトでは副菜が足らない

具材の入ったサンドイッチとヨーグルトでは主食・主菜を摂ることが出来ます。しかし、サンドイッチに含まれている副菜は少量なので、副菜を補いましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ