無料の会員登録をすると
お気に入りができます

30代ファッションのルール♡おしゃれ迷子さんに捧ぐ「大人の服選び」11の掟

ファッション

30代からの服選びどうしたらいいの?

30代に突入すると、それまで着ていた服が何となくしっくりこない・・・そういう場面も増えてきますよね。毎朝クローゼットを見て、着ていく服がないのには理由があるんです。

若い頃には特に意識しないで選んだ服でも、それなりに見えていたかもしれませんが、ルックスが変化する30代ではそうはいかないことも。そこで今回は、「自分に似合う」が大きなポイントとなるアラサーファッションのコツ&ルールを徹底解説いたします!

基本ルールはコレ

①ベーシックカラー&上質な服を揃える

シンプルでベーシックな色の服をいくつ持っていますか?どんな年代でも、無駄のないデザインのアイテムは活用度が高く、ワードローブの強い味方です。また黒・白・ベージュなどコーデのベースとなる色はマスト。

30代に入れば、上質で長く使える服が◎です。素材にこだわったニットやブラウスなど、クオリティの高いアイテムには愛着もわきやすいもの。全てを高級なラインで揃える必要はなく、高見えなプチプラ服を意識したり、手の届く予算で出来る限り良いものを吟味したりする習慣をつけましょう。

ボーダーワイドプルオーバー

JOURNAL STANDARD L'ESSAGE

¥ 7,800

ベーシックなプルオーバーは、色違いで揃えておきたいコスパアイテム。光沢のある素材・ほどよいネックの開き具合・ワイドシルエットなど、旬の要素を持ちながらも着回しの利く万能服です。きれいめに着られるのも大人にぴったり。

商品詳細
ボーダーワイドプルオーバー
baycrews.jp
商品詳細

②甘めの服は「品の良さ」が決め手

大人女子が甘めなフェミニン服を選ぶ時は「上品さ」が決め手になります。

20代まではフリルやリボンが強調された服を、気の向くままに選んでいても、ごまかせていたかもしれません。でも大人の女性が“甘さ”を取り入れるなら、ちょっとしたコツを身につけるのが正解です。総レースのワンピも、タイトな縦長シルエット&落ち着いたブラウンのおかげで大人っぽく。

甘めボトムスの代表フレアスカートは、可愛いのに甘くなりすぎないのがポイント。「長め丈」と「広がりすぎないシルエット」にこだわることで、大人見えが叶います。ハリのある素材感なら、きれいめな上品さをキープしつつ体型カバーもできて◎。

子供っぽくならずに甘いリボンを取り入れるなら、あからさまに派手なデザインはNG。シックな色味をベースに背中や肩、ボトムスのサイドにリボンがついているくらいがちょうどいいバランスです。大きめのタイプですっきりとしたルックスの服を選んで、エレガントに。

リネンタッチマキシ丈ワンピース

JUNOAH

¥ 2,750

シンプルで大人っぽい長め丈がフェミニンなワンピース。フレンチスリーブが上品さを与えつつ、肩から二の腕のラインをきれいに見せてくれます。10色のカラバリがあるので、似合う色を探すのも楽しい。

商品詳細
リネンタッチマキシ丈ワンピース
zozo.jp
商品詳細
記事に関するお問い合わせ