無料の会員登録をすると
お気に入りができます

気にしすぎて苦しい……思い込み癖から解放される方法

ライフスタイル

周囲から“どう見られているのか”を気にしすぎる人がいます。既読のLINEに返事がないのは嫌われたんじゃないか。後ろの席のヒソヒソ話は私の悪口なんじゃないか……さまざまなことを気にしすぎて毎日グッタリ。このように「気にしすぎてしまう」のはなぜでしょう? なんでも気にしすぎてしまう心理と対策を、心理学者の平松隆円さんに教えていただきます。

平松隆円(化粧心理学者)

自意識過剰というわけではありませんが、「まわりの人が自分の悪口を言っているんじゃないか……」とか、「変に思われているのでは……」とか、いろいろ考えてしまうことがあります。

これがポジティブな方向で気にしすぎるのであれば、まだ問題はないのかもしれませんが、ネガティブな方向で気にしすぎたり、思い込みが強すぎると、ストレスになって大変です。

どうして人は、“気にしすぎ”たり“思い込んだり”してしまうのでしょうか。また、そこから解放されるにはどうすればいいのでしょうか。

なぜ“気にしすぎ”てしまうの?

以前に認められたい、ほめられたい! 承認欲求が強すぎる人の特徴と対処法 というコラムで、承認欲求が、「賞賛獲得欲求」と「拒否回避欲求」という2つの側面から研究がおこなわれてきたことを紹介しました。

認められたい、ほめられたい! 承認欲求が強すぎる人の特徴と対処法

実はこれ、“気にしすぎてしまう”ことと無関係ではありません。まずはあらためて、2つの承認欲求の説明をしておきましょう。

「賞賛獲得欲求」と「拒否回避欲求」

人には、“まわりから受け入れられたい”という「承認欲求」があります。この承認欲求には、他人から肯定的な評価を得ようとする「賞賛獲得欲求」と、反対に否定的な評価を避けようとする「拒否回避欲求」の2つがあると言われています。

たとえば、“自分が注目されていないと、つい人の気を引きたくなる”とか、“大勢の人が集まる場では、自分を目立たせようと張り切る”などは、「賞賛獲得欲求」です。

それに対して、“意見を言うとき、みんなに反対されないかと気になる”とか、“目立つ行動をとると周囲から変な目で見られないか気になる”というのは、「拒否回避欲求」です。

つまり、「まわりの人が自分の悪口を言っているんじゃないか……」と考えてしまうのは、否定的な評価を避けようとする「拒否回避欲求」のあらわれといえることがわかるでしょう。

<診断テスト>あなたの“拒否回避欲求”傾向は?

せっかくなので、ここであなたが“拒否回避欲求”が強いかどうか、ちょっとテストをしてみましょう。

1.人に文句を言うときも、 相手の反感を買わないように注意する
2.相手との関係がまずくなりそうな議論は、できるだけ避けたい
3.意見を言うとき、 みんなに反対されないかと気になる
4.人から敵視されないよう、 人間関係には気をつけている
5.自分の意見が少しでも批判されるとうろたえてしまう
6.目立つ行動をとるとき、 周囲から変な目で見られないかが気になる
7.不愉快な表情をされると、 あわてて相手の機嫌をとるほうだ
8.場違いなことをして笑われないよう、 いつも気を配る
9.相手との関係がまずくなりそうな議論は、できるだけ避けたい
10.すぐれた人々の中にいると、 自分だけが孤立していないか気になる

あてはまる数が多いほど、“拒否回避欲求”が高い傾向があるということになります。

とはいえ、“拒否回避欲求”が高いことが悪いというわけでは必ずしもないので、あてはまった数が多くても気にしないでくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ